全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

波照間製糖 操業始まる 22/23年期 生産量1万500㌧見込む

ケーンフィーダーに束ねたサトウキビを投入し、今期の操業を開始した=6日、波照間製糖内

 【波照間】波照間製糖株式会社(西村憲代表取締役社長)は6日、2022年~23年期の製糖操業を開始した 今期は、収穫面積188㌶で原料生産量は、1万500㌧を見込む。製糖終了は来年3月の予定。

 今期の島外季節工員は3日、石垣島でPCR検査を行い、全員陰性を確認した上で、5日予定どおり入島した。     

 場内は、早朝から搬入されたばかりの原料が、積み上げられる中、午前10時半から圧搾開始式が行われた。あいにくの悪天候で船便が欠航したため、西村社長ら本社関係者が来島できず、波照間事業所(金武清也常務取締役事業所長)では、工場職員や生産組合ら農業関係者が参加。金武所長は「今年は、61回目の操業。生産農家に大事に育てて貰った原料でできた、波照間産黒糖は高い評価を得ている。前期は、在庫で非常に悩んだが、今期は注文も増え、通常どおりの操業となる。これまでの長い歴史の中、新しい歴史が始まる。健康管理をしていただき、無事故、安全操業を願っている」とあいさつした。

 仲底善章公民館長は、「農家の皆さんには、収穫作業を安全にお願いしたい。搬入車は安全運転、工場は安全作業で何事も無く、今期の操業を終えることを楽しみにしている」と話した。

操業開始に当たりほ場で行われているサトウキビの収穫作業。島外からの援農隊も例年より少なくなっている=6日、波照間島

 出席者全員で無事故・安全操業を祈願し、原料運搬車両やケーンフィーダーの周辺と圧搾機等を塩と酒で清めた後、金武所長、加屋本真一町議、仲底館長ら8人が職員や出席者の見守る中で、原料の束ねたサトウキビをケーンフィーダーへ投入し、工程どおり圧搾を開始した。

 金武所長は「前期は、県内工場は在庫が多量にあり、厳しい環境の中での販売状況だった。今期の注文状況はいい傾向。今日も島外工員の入島予定が、石垣で足止めをくらい、工場内は早くも人手不足。年々、季節工員集めに苦労している。来年は宿舎が完成するが、人員の確保は、今の状況では非常に厳しい。人員確保については、次期操業までの課題である」と話した。

 初日に搬入されたサトウキビのブリックスは、17~20度。長雨の影響で例年より低くなっている。(波照間通信員)

関連記事

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

長野日報社

メルヘン街道、冬期通行止め解除 長野県

 長野県茅野市、佐久穂町境の国道299号(メルヘン街道)麦草峠(標高2127メートル)の冬期通行止め区間(138キロ)が18日、規制解除となり、小海町を含めた沿線3市町の関係者ら約150人が集まって...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク