全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幕別、広尾で避難勧告 台風18号 十勝

土のうを積み排水作業にあたる住民

 日本を縦断し、各地で大きな被害をもたらした大型の台風18号は18日午前10時すぎ、桧山地方に上陸した。台風の接近に伴い十勝地方は風や雨が強まり、交通機関の運休や道路の通行止め、正午現在、広尾、幕別の2町で避難勧告が発令されるなど、市民の生活を直撃した。

 大雨となった十勝地方は降り始め(17日午後9時)から18日正午までの総雨量は、大樹218.5ミリ、広尾214ミリ、幕別町糠内132ミリ。帯広は99ミリ。日最大1時間降水量は大樹85ミリ、広尾69ミリ、帯広は32.5ミリ。記録的豪雨に見舞われた大樹は、総雨量が9月の平年値(198.2ミリ)を超え、わずか一日足らずで1カ月の総降水量を上回った。日最大1時間降水量は観測史上1位を更新した。

 帯広測候所は十勝全域に大雨警報(土砂災害)、洪水警報を、十勝沿岸部には暴風警報、波浪警報を発表。大雨による土砂災害、河川の増水・氾濫、高潮による浸水、暴風や高波に警戒するよう呼び掛けている。

 管内の交通機関は運休が相次ぎ、国道や道道などは一部で通行止めとなった。JR北海道は石勝線の南千歳-新夕張・夕張間で、18日の始発から運転を見合わせた。このため札幌-帯広間のスーパーとかち1~8号と、札幌-釧路間のスーパーおおぞら1~8号の特急16本が運休した。

 空の便は、エア・ドゥが午前7時15分羽田発の帯広行きなど計4便の欠航を決めた。通行止めは国道38号が浦幌町帯富-直別間(17キロ)で、国道336号が広尾町ツチウシ-日高管内えりも町目黒間(18.1キロ)など。

 浦幌、本別、大樹では暴風雨の影響とみられる停電が発生。北電によると浦幌は約130戸で午前10時ごろから停電が発生。午後0時15分現在、30戸が停電中。本別では80戸、大樹でも停電が確認された。

 台風18号による大雨を受けて、管内の自治体では災害対策本部を設置し、避難勧告や避難準備情報を出すなど対応に追われた。

 広尾、大樹、本別、幕別では災害対策本部を設置。広尾は音調津など8行政区(228世帯、437人)に避難勧告を発令し、避難所を2カ所設置した。幕別町は忠類全域(760世帯、1560人)と猿別川西側(104世帯、240人)に避難勧告を発令した。本別町は土砂災害警戒区域対象の7自治会(191世帯、352人)に避難準備・高齢者等避難開始を、浦幌町も1670世帯、3326人に避難準備をそれぞれ発令した。

関連記事

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

長野日報社

消費税率10%に不安と戸惑い 諏訪地方の声

 安倍晋三首相が2019年10月から、消費税率を8%から10%に予定通り引き上げる方針を表明した。消費者からは「生活への影響は大きい」と不安の声が上がる。生活必需品の一部は税率を8%に据え置く...

奥三河の道の駅めぐる「キャノンボール」

道交法守り設定時間に近づけるバイクイベント  新城市と北設楽郡3町村、豊田市内の奥三河にある7つの道の駅を回るバイクのツーリングイベント「オン・タイム・キャノンボール」が21日、新城市八束穂の道の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク