全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伝統の獅子練り奉納 大御食神社例大祭

伝統の獅子練りを披露する子どもたち=17日、大御食神社例大祭(駒ケ根市)

駒ケ根市市場割にある大御食(おおみけ)神社例大祭の宵祭りが17日、行われた。今年は7月に獅子練りが市無形民俗文化財に指定されてから初となる祭り。地元の市場割区が年番を務め、約350人が列を仕立てて、300年以上続くとされる伝統の獅子練りを奉納した。

台風18号の影響を考慮し、午前は赤穂南小学校の体育館で獅子練りを披露。雨が降り出さなかったため、午後は赤穂高校東から神社へ向けて列を進めた。

獅子練りは、田畑を荒らす獅子に酒を飲ませ、神社に誘い込んで退治したとの故事に由来。祭り装束に身を包み、化粧も施した子どもたちが傘踊りや獅子招きなど、華やかな踊りで獅子を誘い、元気良く「ソラーイ」の掛け声を響かせた。

辺りが暗くなると、多くの観衆が見守る境内でお練りを披露。獅子が舞いながら拝殿に練り込むと、盛り上がりは最高潮に達した。

18日は同神社で本祭りを行う。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

紀伊民報社

白砂舞台に熱戦 ビーチアルティメット国際大会

 和歌山県白浜町の白良浜で13日、フライングディスク(FD)競技の一種「ビーチアルティメット」の国際大会の試合が始まった。日本を含む10カ国・地域から計40チームが参加し、16日まで熱戦を繰り広...

チームラボ帯広 多彩アート 開幕近づく

 十勝毎日新聞社の創刊100年記念事業として道立帯広美術館で開催されるデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」の7月6日の開幕まで1カ月を切った。プログラムで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク