全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川で「みやげ・トゥ・ザ・フューチャー」

バラを贈られ、大喜びの家族連れ=豊川市総合体育館で

 豊川青年会議所(=JC、松山紘之理事長)は16日、豊川市総合体育館前広場で「みやげ・トゥ・ザ・フューチャー~未来にバラまけ!豊川みやげ~」を開催した。  地元で営業展開する井指製茶、宝珠まんじゅうの喜楽、ラ・プティ・メゾン、セルフィーユ、漬物の道長、山本製粉、松寿園、マルヤス、若松園、呑龍の10社が、日本一の出荷量を誇る豊川産バラをモチーフにしたオリジナル土産品をプロデュース。一口サイズで来場者に試食してもらい、投票でグランプリを競った。  各店が提供したのは、バラ風味のスープのラーメンや花の形をしたマドレーヌなど、とにかくバラづくし。投票の結果、セルフィーユのバラの香りのチョコレートがグランプリに輝き、豊川JCは高速道路のサービスエリアなどでの販売実現に向けた仲介など、PRの支援を約束した。  バラのペインティングを施した傘300本でつくるアートを撮影するイベントも行われ、協力者には一輪のバラが贈られた。一家で市内から訪れた長谷川正午さん(46)は「どれも新鮮で、商品によってバラの風味や味が微妙に違った。バラをテーマとしたお土産はあまり聞かないので、豊川の新しい名物になれば」と期待を寄せた。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

紀伊民報社

山の恵みに行列 備長炭公園で山まつり

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」で2日、「山まつり」があり、物産市や備長炭の窯出し体験など、多くの来場者でにぎわった。備長炭での焼き鳥やぼたん汁には行列ができた。  旧暦の1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク