全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川で「みやげ・トゥ・ザ・フューチャー」

バラを贈られ、大喜びの家族連れ=豊川市総合体育館で

 豊川青年会議所(=JC、松山紘之理事長)は16日、豊川市総合体育館前広場で「みやげ・トゥ・ザ・フューチャー~未来にバラまけ!豊川みやげ~」を開催した。  地元で営業展開する井指製茶、宝珠まんじゅうの喜楽、ラ・プティ・メゾン、セルフィーユ、漬物の道長、山本製粉、松寿園、マルヤス、若松園、呑龍の10社が、日本一の出荷量を誇る豊川産バラをモチーフにしたオリジナル土産品をプロデュース。一口サイズで来場者に試食してもらい、投票でグランプリを競った。  各店が提供したのは、バラ風味のスープのラーメンや花の形をしたマドレーヌなど、とにかくバラづくし。投票の結果、セルフィーユのバラの香りのチョコレートがグランプリに輝き、豊川JCは高速道路のサービスエリアなどでの販売実現に向けた仲介など、PRの支援を約束した。  バラのペインティングを施した傘300本でつくるアートを撮影するイベントも行われ、協力者には一輪のバラが贈られた。一家で市内から訪れた長谷川正午さん(46)は「どれも新鮮で、商品によってバラの風味や味が微妙に違った。バラをテーマとしたお土産はあまり聞かないので、豊川の新しい名物になれば」と期待を寄せた。

関連記事

長野日報社

御柱祭最終日 コロナ乗り越え感動フィナーレ 長野県

諏訪大社御柱祭の下社里曳きは最終日の16日、最も太い秋宮一之御柱など残る5本の建て御柱を、長野県下諏訪町内で行った。新緑がまぶしい春宮、秋宮の社殿の四隅に新しい御柱がそろい、4月の上社山出しに...

北羽新報社

能代公園に活気 13団体出演し「おもしろアート祭り」

 能代市民有志らによる「能代公園おもしろアート祭り」は14日、同公園の池周辺で開かれた。新型コロナウイルス感染対策を講じながら、市内外の団体による踊りやバンド演奏など多種多彩な演目が繰り広げられた...

帯広・夢の北広場にキッチンカー再集合 1年半ぶり、14、15日

 十勝フードトラック協会(加盟12社、山中大輔会長)は、コロナ禍で休止していたキッチンカーのイベント、Food Truck Village(2019年から開催)を、Tokachi Food Tr...

荘内日報社

八色木薬師堂「薬師瑠璃光如来像」御開帳 世界平和願い初の一般公開(鶴岡)

 鶴岡市の藤島八色木薬師堂で8日、お堂に祭られている「薬師瑠璃光如来像」の御開帳が始まった。これまで12年に1度の寅年に八色木地区民しか見ることはなかったが、お堂を管理する堂主の海藤徳之さんと羽黒町手...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク