全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川で「みやげ・トゥ・ザ・フューチャー」

バラを贈られ、大喜びの家族連れ=豊川市総合体育館で

 豊川青年会議所(=JC、松山紘之理事長)は16日、豊川市総合体育館前広場で「みやげ・トゥ・ザ・フューチャー~未来にバラまけ!豊川みやげ~」を開催した。  地元で営業展開する井指製茶、宝珠まんじゅうの喜楽、ラ・プティ・メゾン、セルフィーユ、漬物の道長、山本製粉、松寿園、マルヤス、若松園、呑龍の10社が、日本一の出荷量を誇る豊川産バラをモチーフにしたオリジナル土産品をプロデュース。一口サイズで来場者に試食してもらい、投票でグランプリを競った。  各店が提供したのは、バラ風味のスープのラーメンや花の形をしたマドレーヌなど、とにかくバラづくし。投票の結果、セルフィーユのバラの香りのチョコレートがグランプリに輝き、豊川JCは高速道路のサービスエリアなどでの販売実現に向けた仲介など、PRの支援を約束した。  バラのペインティングを施した傘300本でつくるアートを撮影するイベントも行われ、協力者には一輪のバラが贈られた。一家で市内から訪れた長谷川正午さん(46)は「どれも新鮮で、商品によってバラの風味や味が微妙に違った。バラをテーマとしたお土産はあまり聞かないので、豊川の新しい名物になれば」と期待を寄せた。

関連記事

昔ながらの遊びなど体験 青少年の家まつり

 スポーツや昔ながらの多彩な遊びが体験できる「青少年の家まつり&遊びリンピック」(県立石垣青少年の家、県教育委員会主催)が17日、青少年の家で開かれ、家族連れを中心に730人(主催者発表)がイベン...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク