全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

林業のIT活用探る 池田に本州デザイナーら

測樹を体験する参加者

 IT(情報技術)を活用した林業の未来を創造するイベント「林業×ITハッカソンin池田町」(実行委主催)が9、10の両日、町内で開かれた。道内外から林業やIT、デザイナー関係者ら24人が参加。新事業の構想を練り、アプリを使った森林調査などが挙がった。

 同イベントは、参加者がワークショップ形式でアイデアを出し合い、アプリやサービスを開発する。今年のテーマは「地域林業の今と未来について考える」。今回は3回目で、十勝管内で開かれるのは初めて。池田町と町林業グループが共催した。

 初日の午前は、町有林で樹木の調査を体験。町産業振興課林務係の山本健太主任が講師を務め、木の量を知るために「太さ」と「高さ」から推定式を基に体積を求める測樹について説明し、調査に必要な輪尺(りんじゃく)やトゥルーパルスなどの道具を紹介した。参加者は、実際に道具を用いてカラマツの木の計測に挑戦した。

 午後は、社会福祉センターに移動し、与えられたテーマや調査結果からアイデアのヒントを出し合い、4チームに分かれ、製品開発までの流れを討議した。林業関係に勤める野本浩幸さん(27)=長野県在住=は「ハッカソンの参加で学んだことを今後の仕事に役立たせたい」と話していた。

 2日目は成果発表も行われ、調査した木の直径を人の音声で台帳に自動入力できるアプリを考えた8人グループが最優秀賞となった。地図上で可視化もでき、伐採計画の策定がしやすい。

 この提案は実現に向けて10月に札幌市内で開かれる映像と音楽、ITの複合事業「ノーマップス」で発表する。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク