全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

蓼科高原映画祭が開幕 小津ファンら作品堪能

約150人が来場した蓼科高原映画祭オープニング上映=茅野市の新星劇場

 茅野市の蓼科を愛し晩年の仕事場にした日本映画の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)を記念した「第20回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」が16日、同市仲町の新星劇場で開幕した。節目を記念しこれまで2日間だった会期を9日間に拡大。上映作品も増やした。オープニングセレモニーに続き、活動弁士・澤登翠さんを迎えたサイレント(無声映画)「生まれてはみたけれど」など2作を上映。小津ファンら大勢が来場し、映画の魅力を堪能した。

 映画祭は市民ボランティアを中心に実行委員会をつくり、小津家や松竹、日本映画協会、地元経済界などの協力を得て回を重ねてきた。

 オープニングのあいさつで、映画祭実行委員長の柳平千代一茅野市長は「小津監督が描き続けた『家族』とは人と人との関わり合い。いろいろな映画を見て、感じてもらい、新たな映画祭へつないでいきたい」と話した。

 「生まれてはみたけれど」は1932年の小津作品。子どもから父親、母親、先生など、登場人物の声を巧みに使い分けた澤登さんの快活なせりふや、ナレーションが無声映画の醍醐味を感じさせた。

 23日は、茅野市民館で20周年記念セレモニーや、司葉子さんや岩下志麻さんらのゲストトークもある。

 チケットは1回券前売り800円、全プログラム(29作品)を鑑賞できるフリーパス、回数券もある。詳細は映画祭ホームページに掲載。問い合わせは、実行委事務局の市観光課(電話0266・72・2101)へ。

関連記事

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

紀伊民報社

山の恵みに行列 備長炭公園で山まつり

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」で2日、「山まつり」があり、物産市や備長炭の窯出し体験など、多くの来場者でにぎわった。備長炭での焼き鳥やぼたん汁には行列ができた。  旧暦の1...

蒲郡で「オレンジロゲイニング」

 アウトドアスポーツの「蒲郡オレンジロゲイニング」が2日、蒲郡市内で行われた。県内外から129チーム358人が参加した。蒲郡マリンライオンズクラブ(夏目憲行会長)が創立30周年を記念して実行委員会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク