全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

蓼科高原映画祭が開幕 小津ファンら作品堪能

約150人が来場した蓼科高原映画祭オープニング上映=茅野市の新星劇場

 茅野市の蓼科を愛し晩年の仕事場にした日本映画の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)を記念した「第20回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」が16日、同市仲町の新星劇場で開幕した。節目を記念しこれまで2日間だった会期を9日間に拡大。上映作品も増やした。オープニングセレモニーに続き、活動弁士・澤登翠さんを迎えたサイレント(無声映画)「生まれてはみたけれど」など2作を上映。小津ファンら大勢が来場し、映画の魅力を堪能した。

 映画祭は市民ボランティアを中心に実行委員会をつくり、小津家や松竹、日本映画協会、地元経済界などの協力を得て回を重ねてきた。

 オープニングのあいさつで、映画祭実行委員長の柳平千代一茅野市長は「小津監督が描き続けた『家族』とは人と人との関わり合い。いろいろな映画を見て、感じてもらい、新たな映画祭へつないでいきたい」と話した。

 「生まれてはみたけれど」は1932年の小津作品。子どもから父親、母親、先生など、登場人物の声を巧みに使い分けた澤登さんの快活なせりふや、ナレーションが無声映画の醍醐味を感じさせた。

 23日は、茅野市民館で20周年記念セレモニーや、司葉子さんや岩下志麻さんらのゲストトークもある。

 チケットは1回券前売り800円、全プログラム(29作品)を鑑賞できるフリーパス、回数券もある。詳細は映画祭ホームページに掲載。問い合わせは、実行委事務局の市観光課(電話0266・72・2101)へ。

関連記事

長野日報社

御柱祭最終日 コロナ乗り越え感動フィナーレ 長野県

諏訪大社御柱祭の下社里曳きは最終日の16日、最も太い秋宮一之御柱など残る5本の建て御柱を、長野県下諏訪町内で行った。新緑がまぶしい春宮、秋宮の社殿の四隅に新しい御柱がそろい、4月の上社山出しに...

北羽新報社

能代公園に活気 13団体出演し「おもしろアート祭り」

 能代市民有志らによる「能代公園おもしろアート祭り」は14日、同公園の池周辺で開かれた。新型コロナウイルス感染対策を講じながら、市内外の団体による踊りやバンド演奏など多種多彩な演目が繰り広げられた...

帯広・夢の北広場にキッチンカー再集合 1年半ぶり、14、15日

 十勝フードトラック協会(加盟12社、山中大輔会長)は、コロナ禍で休止していたキッチンカーのイベント、Food Truck Village(2019年から開催)を、Tokachi Food Tr...

荘内日報社

八色木薬師堂「薬師瑠璃光如来像」御開帳 世界平和願い初の一般公開(鶴岡)

 鶴岡市の藤島八色木薬師堂で8日、お堂に祭られている「薬師瑠璃光如来像」の御開帳が始まった。これまで12年に1度の寅年に八色木地区民しか見ることはなかったが、お堂を管理する堂主の海藤徳之さんと羽黒町手...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク