全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

蓼科高原映画祭が開幕 小津ファンら作品堪能

約150人が来場した蓼科高原映画祭オープニング上映=茅野市の新星劇場

 茅野市の蓼科を愛し晩年の仕事場にした日本映画の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)を記念した「第20回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」が16日、同市仲町の新星劇場で開幕した。節目を記念しこれまで2日間だった会期を9日間に拡大。上映作品も増やした。オープニングセレモニーに続き、活動弁士・澤登翠さんを迎えたサイレント(無声映画)「生まれてはみたけれど」など2作を上映。小津ファンら大勢が来場し、映画の魅力を堪能した。

 映画祭は市民ボランティアを中心に実行委員会をつくり、小津家や松竹、日本映画協会、地元経済界などの協力を得て回を重ねてきた。

 オープニングのあいさつで、映画祭実行委員長の柳平千代一茅野市長は「小津監督が描き続けた『家族』とは人と人との関わり合い。いろいろな映画を見て、感じてもらい、新たな映画祭へつないでいきたい」と話した。

 「生まれてはみたけれど」は1932年の小津作品。子どもから父親、母親、先生など、登場人物の声を巧みに使い分けた澤登さんの快活なせりふや、ナレーションが無声映画の醍醐味を感じさせた。

 23日は、茅野市民館で20周年記念セレモニーや、司葉子さんや岩下志麻さんらのゲストトークもある。

 チケットは1回券前売り800円、全プログラム(29作品)を鑑賞できるフリーパス、回数券もある。詳細は映画祭ホームページに掲載。問い合わせは、実行委事務局の市観光課(電話0266・72・2101)へ。

関連記事

荘内日報社

“リアビズ”に挑戦(庄総高生)仕入れから商品製作、販売体験 模擬企業グランプ..

 庄内町の庄内総合高校(池田理校長、生徒193人)の2年生メンバーが「リアビズ高校生模擬企業グランプリ」(認定NPO法人金融知力普及協会主催)に挑戦している。高校生が企業運営のノウハウを学ぶもので、24...

長野日報社

入笠エリアで”鉄人”レース 富士見バーティカル&フライ 長野県

 山登りとパラグライダーを組み合わせた競技大会「富士見バーティカル&フライ」が24日、長野県富士見町の入笠エリアで開かれた。麓から入笠山山頂まで高低差1000メートル、約64キロを駆け登り、降下す...

荘内日報社

ブルーインパルス登場!! 見事な編隊飛行に園児歓声(鶴岡)

 航空自衛隊のアクロバット飛行専門チーム「ブルーインパルス」の練習飛行が22日、庄内上空で行われた。  航空自衛隊松島基地を出発した編隊は鳥海山の裾野を通り遊佐町、酒田市、庄内町、三川町、鶴...

荘内日報社

にぎわい創出の拠点 「日和山小幡楼」オープン(酒田)

 酒田市が、日吉町二丁目の「旧割烹小幡」を新たな交流観光拠点施設として改修した「日和山小幡楼」が20日オープン。セレモニーで丸山至市長(67)は「受け継がれてきた歴史的な価値を高め、にぎわい創出につな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク