全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田台町かいわい 施設・旧跡4カ所ライトアップ

 数多くの飲食店が軒を並べ、「混雑のあまり肩がぶつかり、まっすぐ歩けなかった」と回顧する人がいるほど市民らでにぎわい、港町・酒田の繁栄の象徴だった台町かいわい(日吉町一丁目、同二丁目、船場町一丁目など)。往時に思いをはせながら周辺エリアの散策を楽しむためのライトアップが1日、一帯にある施設・旧跡4カ所でスタート。今月10日(土)夜には「クリスマスイベント」も行われる。

 昨年10月に新たな観光拠点施設として生まれ変わった「日和山小幡楼」のオープンで、台町を含む日和山公園一帯はより回遊性が高まった。「魅せるまち歩き観光」の構築に向け、明治から大正、昭和と続く往時のにぎわいを知らない若者を含め市民に一帯の持つ魅力を紹介しようと、観光総合マネジメント機関・酒田DMO(荒井朋之理事長)が企画した。

 往時の料亭文化を今に伝える▽舞娘(まいこ)茶屋相馬樓▽山王くらぶ▽日和山小幡楼―とともに、下日枝神社随神門の4施設・旧跡を緑や赤、白といったクリスマスカラーでライトアップ。初日はあいにくの降雪と寒さで行き交う人はまばら。それでも華やかな明かりに包まれた建物が漆黒の闇夜に浮かび上がると、通り掛かった人たちは足を止めて見入っていた。

 ライトアップは今月26日(月)まで連日、午後4―9時に実施。今月10日のイベントは午後5時から、山王くらぶで。スマートフォン、タブレット端末を活用したデジタルクイズラリー、温かい飲み物サービスなどが行われる他、竹灯籠を周囲に設置して鮮やかに酒田の夜を演出する。

鮮やかにライトアップされた「日和山小幡楼」=1日夜

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク