全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大樹の養殖マス大半死滅 しけ直撃、不運3年続き

大樹町内で養殖されているサクラマス。11月までは順調に生育していた(10月3日の生育調査)

 大樹町内の旭浜漁港で試験的に養殖されているサクラマスは、先週末にしけの直撃を受け、大半が出荷できない状態になってしまった。同事業は一昨年、昨年も不調に終わり、「三度目の正直」と臨んだ今期だったが、出荷目前で三たび不運に見舞われた。

 大樹漁協に所属する若手漁業者らの研究会の事業。町の支援を受け2020年度からの3カ年計画で取り組んでいる。一昨年、昨年は9月に大しけ、赤潮に襲われ、ほぼ全滅した。

 今期は5月に道機関の試験用を含む2150匹をいけすに放流。「9月の壁」を乗り越え、11月まで順調に生育していた。1~2キロ程度に育て、12月に水揚げ・出荷する計画だった。

 ところが11月下旬のしけで7、8割方が死滅したり、いけすにこすられて傷物に。120匹程度は帯広の市場に出荷できたが、いずれも1キロに満たない小さめの魚だった。

 同漁協の伊藤浩二専務は「早めに揚げておけば…と悔やまれるが、この時期の大しけは予想外だった。サクラマスの養殖は難しい。生育することを確認できただけでも成果」と前向きに話している。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク