全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「塩の道」自転車旅 まちづくりフォーラム走行会 長野県

晩秋の旧街道を自転車で走る参加者たち

 第1回自転車まちづくりフォーラムの「塩の道」自転車旅走行会が11月30日、長野県辰野町と塩尻市、岡谷市を通る塩の道と旧中山道で行われた。全国各地から参加した約60人が晩秋の旧街道を走り抜け、古道におけるサイクルツーリズムの可能性を探った。

 同フォーラムは〇と編集社(辰野町)が主催。「塩の道」でわくわくする人を増やすことなどを目的に11月29、30の両日開き、初日は辰野町民会館で全国各地から集まった約100人が塩の道やサイクルツーリズムをテーマに語り合った。

 フォーラム2日目の走行会は、国道など交通量の多い主要道路をできるだけ避けて走る約33キロのコースで実施。4人のグループに1人のガイドが同行した。辰野町役場駐車場を出発し、南塩終点の地、小野神社、塩嶺王城展望台など5カ所で休憩を取りながらJR下諏訪駅までを走破した。

 途中で立ち寄った辰野町小野の県宝・小野宿問屋横にある「南塩終点の地」は、太平洋から塩を運んだ最終地点。塩の道サイクルツーリズムにおいて欠かせない場所で、ガイドをした自転車冒険家の小口良平さんは「塩の道にとって重要な場所だが、ほとんど知られていない。塩の道サイクルツーリズムの聖地になり得る」と話していた。

 東京から参加した室谷恵美さん(54)は「走りやすく昔の人の歴史と現代の人々の暮らしがオーバーラップする魅力的なコース」と話し、自転車旅を満喫していた。

関連記事

「彩凛華」開幕 十勝川温泉に音と光の幻想

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第32回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華」(実行委員会主催)が28日、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。2月19日まで。  この日は午後7時に開演。...

おびひろ氷まつり3年ぶり歓声 緑ケ丘公園に回転そりや氷雪像

 十勝・帯広の“冬の風物詩”として知られ、今年で60回の節目を迎える「おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が27日午前、帯広市緑ケ丘公園で開幕した。回転そりや氷の迷路などのアクティビティ...

北羽新報社

子ども用品のリユースイベント好評 月1ペース能代で開催

 能代山本子育てサポートグループちゅちゅ(田中真理子代表)は今年度、子ども服やおもちゃなどを自由に持ち帰るイベント「ちゅちゅりゆーす」を始めた。4月からおおむね月1回のペースで続け、会場のマルヒコ...

長野日報社

諏訪圏工業メッセ 岡谷市民総合体育館で開催へ 長野県

 旧東洋バルヴ諏訪工場跡地(諏訪市)の建物閉鎖を受け、諏訪圏工業メッセ実行委員会は17日、今年10月に予定する「諏訪圏工業メッセ2023」は岡谷市民総合体育館を主会場に開催すると発表した。同市のテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク