全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

米俵マラソン218人力走 長野県飯島町

米俵を担いで飯島町文化館前をスタートするランナーたち

 長野県飯島町を舞台に米俵を担いだランナーが健脚を競う第10回「飯島町米俵マラソン」(実行委員会主催、長野日報社など後援)が27日、町文化館前を発着点に開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、町内での開催は2019年以来3年ぶり。県内から218人が出場し、沿道で見守る町民らの声援に応えて力走した。

 町や町内産の米をPRし、地域活性化を図ろうと住民有志でつくる実行委員会の主催で2013年に始まった「ご当地マラソン」。米作りが盛んな地域性を生かした異色のレースとして人気を集め、年々出場者も増加していたが、新型コロナウイルスの影響で2020年はウェブ開催、昨年は中止とした。

 今回は感染防止に配慮して出場者を県内のみに絞り、定員を300人に設定。3キロの米俵を担ぐ10キロコースに88人、同5キロコースに115人、小学生限定の3.4キロコースに15人が出場した。今年は恒例の仮装賞を設けなかったが、サンタクロースやアニメのキャラクターなどに扮したランナーも目立ち、沿道の町民らを楽しませた。

 10キロコースは飯田市の薬剤師、伊藤洸介さん(34)が32分50秒で優勝。今回で5回目の出場という伊藤さんは「沿道の応援が温かく、仮装して自由に走れるのが他の大会にない面白いところ」と同大会の魅力を語り、「来年も連覇目指してぜひ参加したい」と意気込んでいた。

関連記事

「彩凛華」開幕 十勝川温泉に音と光の幻想

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第32回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華」(実行委員会主催)が28日、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。2月19日まで。  この日は午後7時に開演。...

おびひろ氷まつり3年ぶり歓声 緑ケ丘公園に回転そりや氷雪像

 十勝・帯広の“冬の風物詩”として知られ、今年で60回の節目を迎える「おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が27日午前、帯広市緑ケ丘公園で開幕した。回転そりや氷の迷路などのアクティビティ...

北羽新報社

子ども用品のリユースイベント好評 月1ペース能代で開催

 能代山本子育てサポートグループちゅちゅ(田中真理子代表)は今年度、子ども服やおもちゃなどを自由に持ち帰るイベント「ちゅちゅりゆーす」を始めた。4月からおおむね月1回のペースで続け、会場のマルヒコ...

長野日報社

諏訪圏工業メッセ 岡谷市民総合体育館で開催へ 長野県

 旧東洋バルヴ諏訪工場跡地(諏訪市)の建物閉鎖を受け、諏訪圏工業メッセ実行委員会は17日、今年10月に予定する「諏訪圏工業メッセ2023」は岡谷市民総合体育館を主会場に開催すると発表した。同市のテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク