全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

入笠山から太陽光反射し交信 富士見小3年生

入笠山山頂で手鏡を持って太陽光を反射させる富士見小学校3年生

 富士見町の富士見小学校3年生83人が15日、同町と伊那市にまたがる入笠山山頂(1955メートル)で太陽光を鏡で反射させ、その光が確認できた諏訪、上伊那地方の小学校から、太陽光を再反射してもらう交信を行った。町内や上伊那などの複数地点から返信があり、光を通じた交信が児童たちを喜ばせた。

 理科の単元で「光の性質」を学ぶのを前に楽しく学習に取り組むきっかけになればと、教諭が入笠登山の遠足に合わせて考えた。事前に入笠山頂が見えそうな諏訪地方や上伊那の小学校約15校と保護者に協力を依頼、「ピカピカ大作戦」と銘打って行った。

 反射による交信は光の直進性を利用した。同町や諏訪湖、上伊那などを一望する360度のパノラマが広がる山頂に立った児童たちが、それぞれ自宅から持参した手鏡を掲げて太陽光を反射。はるか眼下の町内など数カ所から一斉に光の返信があった。

 児童たちは「あそこでも光った」「あんなに遠くからも返してくれた」と歓声を上げた。小林藍貴さん(9)は「たくさん光を返してくれてうれしかった。登山の疲れも忘れちゃった」と笑顔だった。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク