全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「無印良品」音更・木野出店計画 十勝初、来年にも

 「無印良品」などを展開する良品計画(東京都)が、町木野大通西7のツルハドラッグ跡に、来年中にも出店する計画があることが、26日までに分かった。出店すれば十勝初。予定地である木野地区の国道241号沿いは、今年に入り商業関連の新規出店が続いており、人気全国チェーンが進出すれば、さらににぎわいが増しそうだ。

現在は空き店舗のJA木野所有のツルハドラッグ跡

 出店場所は食品スーパー「ハピオ」の北隣。長年、ツルハドラッグの店舗として営業してきた建物で、鉄骨造平屋約1140平方メートル。土地、建物ともJA木野(黒田浩光組合長)が所有している。ツルハの新店が近隣にできたのに合わせ、今月中旬以降、空き店舗になっていた。

 良品計画は、2023年8月期の出店計画で国内79店、1650~1980平方メートルクラスを標準とした生活圏への出店などを掲げている。複数の関係者によると、そうした状況を踏まえ、JA木野側は増床工事を視野に入れている模様。

 良品計画は品質本位をモットーとする衣料や食品などを取り扱う「無印良品」を主軸に、国内外に約1100店舗を持つ。道内は14店舗。年商4961億7100万円(グループ連結営業収益、22年8月期)。東証プライムに上場。音更への出店に関し、同社は「現時点では何も決まっていない」としている。

 ハピオはJA木野の子会社。その南隣の旧ハピオガーデンには今月、有名コーヒーカンパニー監修による同JA直営カフェ「木野の森珈琲店」がオープンしており、無印という人気チェーンの進出で商業ゾーンとして魅力が増し、集客への相乗効果も期待されている。

 また、同国道沿いにはツルハドラッグの新店のほか、近くの複合商業施設「木野タウン」内には「マックスバリュ音更店」、「サツドラ音更木野タウン店」も今月相次ぎオープン。周辺には地場資本スーパーのダイイチやフクハラなど既存店も多数ひしめいている。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク