全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「庄内の旅」体験 米国旅行エージェントと意見交換会

米国から訪れた旅行エージェントが庄内の旅について地元関係者と意見交換

 空路による米国―羽田―庄内乗り継ぎ旅行商品造成に向けて庄内に滞在していた米国旅行エージェントと地元関係者との意見交換会が14日夜、鶴岡市湯野浜の「亀や」で行われた。米国からの参加者からは「少人数でも英語対応可能なガイドやタクシーなどが必要」「庄内の食を切り口にするなら収穫体験や簡単かつおいしいクッキングスクールは満足度が高い」などの意見が出された。

 庄内へのインバウンド拡大を図るため、県庄内総合支庁が東北観光復興対策交付金を活用し、台湾、欧米の旅行エージェントを招いたのに続き招聘(しょうへい)。羽田空港から乗り継ぎ便で庄内空港を利用する北米からの旅行商品の造成が目的で、全日本空輸(ANA)の米国現地法人やロサンゼルスにある日本行きのツアーを企画する旅行会社の旅行商品造成担当者の男女3人が参加した。

 「ゆったり食す庄内の旅」をテーマに、11日から4泊5日の日程で成田空港経由で庄内に入り、善寳寺 での座禅体験や白装束を着ての羽黒山登山、農家レストランでの野菜の収穫やクッキングスクール、刈屋梨の収穫体験、相馬樓で舞娘(まいこ)の演舞観賞などを体験した。

 この日は滞在最終日を前に県庄内総合支庁や鶴岡、酒田両市の担当者ら約10人も参加して意見交換会。米国の参加者から率直な感想として「白装束に抵抗があったが普通に登るだけでない達成感があって、精進料理もおいしく感じられた」「梨が特別おいしかったので印象的」「繭クラフトは簡単で素材に物語があって楽しかった」などと評価。

 実際の受け入れの課題として「庄内はポテンシャルが高いのでお客さんを紹介したいが、少人数で来ても外国人が簡単に移動できるかや英語対応が可能かが非常に大切」「米国人はベッドを希望する。朝食もウエスタンスタイルを求めるのでスクランブルエッグの硬さやベーコンの焼き具合など細かい好みも把握してほしい」「冬に何が体験できるのかも知りたい」といった意見が出された。

関連記事

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

蒲郡で「オレンジロゲイニング」

 アウトドアスポーツの「蒲郡オレンジロゲイニング」が2日、蒲郡市内で行われた。県内外から129チーム358人が参加した。蒲郡マリンライオンズクラブ(夏目憲行会長)が創立30周年を記念して実行委員会を...

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク