全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

村上―鶴岡赤字50億円 JR東日本

 赤字が続く地方鉄道の今後の在り方が課題となる中、JR東日本は24日、地方路線のうち特に利用者が少ない35路線66区間の収支について、新たに2021年度の収支状況を公表した。収入から費用を差し引いた収支は、いずれの区間も赤字だった。庄内地域関連では羽越本線の村上―鶴岡間と酒田―羽後本荘間、陸羽西線の新庄―余目間の3区間が赤字で、村上―鶴岡間は公表区間のうち赤字幅が最大の49億9800万円だった。

 JR東日本が公表した66区間は、コロナ禍の影響が比較的小さかった19年度、1キロ当たりの1日の平均利用者数を表す「輸送密度」が2000人未満の路線。

 羽越本線の村上―鶴岡の21年度赤字額はコロナ禍前の19年度の49億900万円から8900万円増加した。酒田―羽後本荘間は27億7800万円で19年度と比べ赤字幅が6700万円増加し、全体では奥羽本線東能代―大館間(秋田県)の赤字額31億500万円に次いで3番目に多かった。村上―鶴岡、酒田―羽後本荘間とも県境をまたぐ区間で、赤字区間の中では営業キロが比較的長く、その分営業費用がかさむといったことも影響している。陸羽西線新庄―余目間の赤字額は21年度の赤字額は8億9100万円で19年度比の赤字幅が1億9800万円増加した。

 100円の運輸収入を稼ぐのにどれだけの費用がかかったかを表す21年度の「営業係数」は、村上―鶴岡間1772円、酒田―羽後本荘間1997円、新庄―余目間2483円。

 県内関連の他の公表路線と21年度の赤字額、営業係数は▽左沢線寒河江―左沢間2億5900万円、1537円▽奥羽本線新庄―湯沢間14億5300万円、3241円▽米坂線米沢―今泉間5億3900万円、1646円▽同線の今泉―小国間8億5800万円、4070円▽同線小国―坂町間5億3600万円、4499円▽陸羽東線鳴子温泉―最上間5億200万円、2万31円▽同線最上―新庄間6億5400万円、3078円。

 JR東日本は今年7月、利用者が少ない地方路線の19、20年度収支を初めて公表。国土交通省の有識者会議は同月、輸送密度が1000人未満の路線について、国と自治体、鉄道事業者が存廃を協議する仕組みを設けるよう提言した。

 一方、JR東日本の路線別利用状況によると、羽越本線鶴岡―酒田間の輸送密度は、コロナ禍前の19年度が2109人で、20年度は1245人、21年度は1344人だった。

JR東日本が収支を公表した庄内関係の路線

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク