全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

和歌山市に関西初の拠点 建築家の隈研吾さん

和歌山市に新オフィスを設置することになった建築家の隈研吾さん(中央)と仁坂吉伸知事(左)、尾花正啓和歌山市長=24日、県庁で

 新国立競技場(東京都)などを手がけたことで知られる建築家、隈研吾さんの「隈研吾都市設計事務所」(同)が来年4月、関西初の拠点として、和歌山市に新しいサテライトオフィスを開設する。国内では北海道、沖縄県に次ぐ3カ所目。隈さんは「世界と和歌山をつなぐ役割を果たしたい」と話した。
 隈さんは、海外を含め、多数の建築物を手がけている。今年2月には和歌山県と、都道府県では初めての包括連携協定を締結し、有田市で統合予定の中学校を設計。米国雑誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた。
 新オフィスの進出協定式が24日、県庁であり、隈さんと仁坂吉伸知事、尾花正啓和歌山市長が出席した。
 隈さんは和歌山を選んだ理由として「木に興味があるが、和歌山材は非常に美しく力強い。自然が豊かで、高野山や熊野古道などは世界に通じる」と話した。
 新オフィスでは、関西だけでなく、海外のプロジェクトも手がけたいといい「いい環境の中で、発想も自由になり、いい図面が描けるかもしれない」と話した。その上で「県内の市町村の皆さんに(まちづくりの)助言やお手伝いする拠点にもしたい」とも語った。
 仁坂知事は「いいまちをつくって幸せに生きていくために、いろいろアドバイスを頂きたい」と求めた。
 新オフィスは和歌山市八番丁9番地の「パーク県信ビル」に入る。同事務所の設計で建物を改修中という。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク