全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

大隅流の宮大工棟梁小松さん 歩みと実績冊子に 長野県諏訪市

寺社建築の技を持つ大工を育てたいと、冊子を作った小松さん

 安土桃山時代から続く伝統建築・諏訪匠大隅流の宮大工棟梁、小松金治さん(85)=長野県諏訪市四賀普門寺、富士小松工務店社長=は、大工職人としての自身の歩みと実績をまとめた冊子を製作、刊行した。木を刻んで組み建てる腕のある大工が少なくなる中、「寺社建築の技術を持った若い大工を育てるために五重塔を建立する」のが小松さんの目標。冊子は、その一世一代の悲願実現に向けて地域の人たちに賛同を得るための”経歴書”という。

 小松さんは15歳の時、親類、家族の勧めで地元の大隅流石田房志氏に弟子入りを請い、中学卒業と同時に入門。諏訪大隅流の中でも名工とうたわれた江戸時代の大工、柴宮長左衛門矩重の技を受け継ぎ、諏訪大社下社春宮、秋宮御宝殿の新築をはじめ、県内外の神社仏閣で建築や改修、彫刻を手掛けてきた。2006年には県卓越技能者(信州の名工)の表彰も受けた。

 冊子はA4判、82ページ。写真と新聞記事のスクラップ、工事経歴の表などで足跡をたどった。神社仏閣の建物や彫刻の写真は、じっこんの仲のカメラマン、三井三男さん(84)=同市四賀桑原=が各地を巡って撮影した。

 小松さんは「大工の腕を磨くには経験しかない」として、次代の大工を一人でも多く育てるために明治元年の神仏分離令で取り壊された諏訪大社上社神宮寺五重塔の復元建立を目標と定めている。実現に向け、長年掛けて建築用の木材を造り、私財を投じる志で賛同者を集め続けている。

 冊子を通じて「やってきた仕事から自分の(大工の)腕と人間性を知ってもらい、五重塔建立の機運を高めたい」と小松さん。300部作り、地元の小学校にも贈って子どもたちに諏訪の伝統技術を伝える機会にもした。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク