全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

チームラボが植物館でデジタルアート 常盤公園

デジタルアートによる演出が施された館内(世界を旅する植物館で)

 デジタルアート集団・チームラボの秋企画「世界を旅する植物に住まう生き物たち」(宇部市主催)が、15日の夜に開幕する。ときわミュージアム「世界を旅する植物館」の植物たちがデジタルアートをまとい、昼間からは想像できない魅惑的な雰囲気で来館者を迎える。同所イベントホールで午後6時15分から開かれるオープニングイベントでは、チームラボの猪子寿之代表と、同館を監修したプラントハンターの西畠清順さんがトークを繰り広げる。開場は午後7時。会期は11月5日まで。  チームラボが植物館を舞台にイベントを行うのは全国で初めて。世界中の植物が集まる館内に、来館者が色を付けた塗り絵の花や生き物たちが住んでいるというコンセプト。色とりどりのデジタルアートで構成された生態系を旅していく感覚が味わえる。  14日夜は常盤公園と報道関係者向けの内覧会が開かれ、100人が集まった。華麗な花模様をまとったシンボルツリーのパラボラッチョや、ゆったりと泳ぐクジラのアートなどに出席者の注目が集まった。  同ミュージアム管理課植物係の大上志麻係長は「デジタルアートによる演出がされ、昼間とは全く違う表情を見せる植物館散策を楽しんで。自分の塗り絵を探しながら進み、見つけたときの喜びを体感してほしい」と来場を呼び掛けている。開催時間は午後10時まで(入館は9時半)。入場料は一般500円、高校生以下無料(小学生以下は保護者同伴)。

関連記事

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

蒲郡で「オレンジロゲイニング」

 アウトドアスポーツの「蒲郡オレンジロゲイニング」が2日、蒲郡市内で行われた。県内外から129チーム358人が参加した。蒲郡マリンライオンズクラブ(夏目憲行会長)が創立30周年を記念して実行委員会を...

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク