全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

チームラボが植物館でデジタルアート 常盤公園

デジタルアートによる演出が施された館内(世界を旅する植物館で)

 デジタルアート集団・チームラボの秋企画「世界を旅する植物に住まう生き物たち」(宇部市主催)が、15日の夜に開幕する。ときわミュージアム「世界を旅する植物館」の植物たちがデジタルアートをまとい、昼間からは想像できない魅惑的な雰囲気で来館者を迎える。同所イベントホールで午後6時15分から開かれるオープニングイベントでは、チームラボの猪子寿之代表と、同館を監修したプラントハンターの西畠清順さんがトークを繰り広げる。開場は午後7時。会期は11月5日まで。  チームラボが植物館を舞台にイベントを行うのは全国で初めて。世界中の植物が集まる館内に、来館者が色を付けた塗り絵の花や生き物たちが住んでいるというコンセプト。色とりどりのデジタルアートで構成された生態系を旅していく感覚が味わえる。  14日夜は常盤公園と報道関係者向けの内覧会が開かれ、100人が集まった。華麗な花模様をまとったシンボルツリーのパラボラッチョや、ゆったりと泳ぐクジラのアートなどに出席者の注目が集まった。  同ミュージアム管理課植物係の大上志麻係長は「デジタルアートによる演出がされ、昼間とは全く違う表情を見せる植物館散策を楽しんで。自分の塗り絵を探しながら進み、見つけたときの喜びを体感してほしい」と来場を呼び掛けている。開催時間は午後10時まで(入館は9時半)。入場料は一般500円、高校生以下無料(小学生以下は保護者同伴)。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

あふれる菜の花 音更・黒田農場

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

長野日報社

遊休地整備してロケ地創ろう 諏訪圏フィルムコミッション

諏訪地方観光連盟諏訪圏フィルムコミッション(FC)は、諏訪市内の遊休地を地域住民の手で整備し、映画などのロケ地として紹介できる場所をつくる「ロケ地をみんなで創ろう!プロジェクト」を始める。ボラ...

長野日報社

外来植物駆除を観光に 車山高原で試験的実施

諏訪地域振興局は外来植物の駆除作業を観光客に体験してもらうツアーを今夏、車山高原で試験的に実施する。作業を通じて霧ケ峰、車山高原に愛着を持ってもらう。自然エネルギーの普及啓発にもつなげる。 宿泊...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク