全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

チームラボが植物館でデジタルアート 常盤公園

デジタルアートによる演出が施された館内(世界を旅する植物館で)

 デジタルアート集団・チームラボの秋企画「世界を旅する植物に住まう生き物たち」(宇部市主催)が、15日の夜に開幕する。ときわミュージアム「世界を旅する植物館」の植物たちがデジタルアートをまとい、昼間からは想像できない魅惑的な雰囲気で来館者を迎える。同所イベントホールで午後6時15分から開かれるオープニングイベントでは、チームラボの猪子寿之代表と、同館を監修したプラントハンターの西畠清順さんがトークを繰り広げる。開場は午後7時。会期は11月5日まで。  チームラボが植物館を舞台にイベントを行うのは全国で初めて。世界中の植物が集まる館内に、来館者が色を付けた塗り絵の花や生き物たちが住んでいるというコンセプト。色とりどりのデジタルアートで構成された生態系を旅していく感覚が味わえる。  14日夜は常盤公園と報道関係者向けの内覧会が開かれ、100人が集まった。華麗な花模様をまとったシンボルツリーのパラボラッチョや、ゆったりと泳ぐクジラのアートなどに出席者の注目が集まった。  同ミュージアム管理課植物係の大上志麻係長は「デジタルアートによる演出がされ、昼間とは全く違う表情を見せる植物館散策を楽しんで。自分の塗り絵を探しながら進み、見つけたときの喜びを体感してほしい」と来場を呼び掛けている。開催時間は午後10時まで(入館は9時半)。入場料は一般500円、高校生以下無料(小学生以下は保護者同伴)。

関連記事

長野日報社

諏訪湖上花火大会 70周年「諏訪湖劇場」

 第70回諏訪湖祭湖上花火大会(実行委員会主催)は15日夜、諏訪市の諏訪湖で開いた。「70周年記念 新・諏訪湖劇場開幕」との大会コンセプトを初めて設定し、水上スターマインやナイヤガラなど過去...

紀伊民報社

にぎわい最高潮 盆休みの白良浜海水浴場

 盆休みは和歌山県白浜町の白浜温泉街が一年で最もにぎわう時期。好天となった14日、白良浜海水浴場は午前中から多くの人出で混雑した。「白浜の夏」は最高潮を迎えている。  白良浜のサーフパトロール本...

紀伊民報社

自転車で和歌山巡ろう スマホでスタンプラリー

 和歌山県と県観光連盟は、県が整備したサイクリングロードを巡ってもらおうと「モバイルスタンプラリー」を実施している。スマートフォンやタブレット端末と連動させた初の企画で、県内各地に設けたチェックポ...

豊橋総合動植物公園で「ナイトズー」始まる

 夜の動物園が楽しめるイベント「ナイトZOO(ズー)」が11日、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)で始まった。今回から観覧エリアを拡大、トラとライオン、リスザルも見られるようになり、家族連れらは...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク