全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

チームラボが植物館でデジタルアート 常盤公園

デジタルアートによる演出が施された館内(世界を旅する植物館で)

 デジタルアート集団・チームラボの秋企画「世界を旅する植物に住まう生き物たち」(宇部市主催)が、15日の夜に開幕する。ときわミュージアム「世界を旅する植物館」の植物たちがデジタルアートをまとい、昼間からは想像できない魅惑的な雰囲気で来館者を迎える。同所イベントホールで午後6時15分から開かれるオープニングイベントでは、チームラボの猪子寿之代表と、同館を監修したプラントハンターの西畠清順さんがトークを繰り広げる。開場は午後7時。会期は11月5日まで。  チームラボが植物館を舞台にイベントを行うのは全国で初めて。世界中の植物が集まる館内に、来館者が色を付けた塗り絵の花や生き物たちが住んでいるというコンセプト。色とりどりのデジタルアートで構成された生態系を旅していく感覚が味わえる。  14日夜は常盤公園と報道関係者向けの内覧会が開かれ、100人が集まった。華麗な花模様をまとったシンボルツリーのパラボラッチョや、ゆったりと泳ぐクジラのアートなどに出席者の注目が集まった。  同ミュージアム管理課植物係の大上志麻係長は「デジタルアートによる演出がされ、昼間とは全く違う表情を見せる植物館散策を楽しんで。自分の塗り絵を探しながら進み、見つけたときの喜びを体感してほしい」と来場を呼び掛けている。開催時間は午後10時まで(入館は9時半)。入場料は一般500円、高校生以下無料(小学生以下は保護者同伴)。

関連記事

長野日報社

紅葉の「もみじ湖」案内 ボラガイド”出動” 長野県箕輪町

 長野県箕輪町観光協会は26日、紅葉の名所として知られる箕輪ダム「もみじ湖」の案内などを担う「観光ボランティアガイド」事業を始めた。観光案内サービスの充実を図る新事業で、町内外の19人が先日までに...

長野日報社

信州そば店 スマホでチェックイン 振興会が食事券など当たるイベント 長野..

伊那市のソバ生産者とそば店などでつくる「伊那そば振興会」は、市内にある16のそば店を巡り、アンケートやクイズに答えると食事券や割引券が抽選で当たる「そば屋にスマホdeチェックインラリー」を23...

長野日報社

茅野駅周辺「本でつながり」 長野県茅野市が空間利用の社会実験

 長野県茅野市は、「本を通じて人がつながる」ことを目指してJR茅野駅周辺で空間利用に関する社会実験を行っている。同駅の自由通路では「本の巣箱」と名付けて本棚を置いて本を貸し出し中。駅利用者が本...

米原利用ルール順守を 注意喚起看板設置 ビーチジャーニーが寄付

 米原海岸の駐車場2カ所に米原海岸の利用ルールを表示した畳ほどの大きさの看板2枚が15日までに設置された。石垣島米原海岸自然保護協会(花城康志代表理事)がチャリティーアクセサリーショップの「Beac...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク