全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

白神ねぎ、豚なんこつカレーに 「天空の能代まんぷく給食」好評

ネギのとろりとした食感や甘さとカレーは子どもたちに大人気

 能代市内の小中学校で22日、「天空の能代まんぷく給食」が提供された。児童生徒たちは、地元特産の白神ねぎやB級グルメで知られる豚なんこつを使ったカレーに舌鼓を打ち、ふるさとの食材などに理解を深めた。
 この日の給食は、地域の食材を知り、味わってもらおうと計画した。4人の栄養教諭が試行錯誤を重ねた献立は、白神ねぎと豚なんこつのほか、能代産の大豆、県産エダマメ、リンゴを食材に使った「白神ねぎらい豚なんこつカレー」。「勤労感謝の日」にちなみ、白神ねぎを贈ってねぎらいの気持ちを表現しようと市が23日を「能代ねぎらいの日」に制定していることに合わせて考案した。
 カレーライスはいつも子どもたちに大人気のメニュー。二ツ井小(安部芳幸校長)では、子どもたちが「きょうはネギのカレーなんだよ」「カレーにネギは初めて」と話したりしながら「いただきます」と声をそろえて給食を食べ、おいしそうにスプーンを口に運んでいた。
 また、子どもに人気のアニメ「宇宙なんちゃらこてつくん」にちなんだ「こてつくん☆サラダ」も提供。育ち盛りの子どもに欠かせない「てつ(鉄)」分が豊富なひじき、ホウレンソウ、星形のチーズで宇宙をイメージし、おいしくて栄養バランスが取れた料理に子どもたちも満足そうだった。
 3年生の富川みなみさんは、社会の時間に能代がネギの大産地になってきていることを学んだといい、この日のカレーライスは「ネギがとろとろしていて甘くて、おいしい」と話していた。
 給食の時間では、メニュー考案者の栄養教諭が自らネギ生産者「轟ネオファーム」に足を運び調べた白神ねぎの特徴を資料にまとめて配布。品質、太さ、長さなど厳しい基準を設定していることや、日本一のネギ産地を目指していることなどを伝え、子どもたちも能代が全国的に知られるような産地になってきていることなどを改めて学んでいた。

関連記事

長野日報社

伝統野菜の上野大根使用「おしなそば」完成 長野県諏訪地方の9店舗で提供へ

 諏訪商工会議所の資源開発部会(代田あゆみ部会長)は30日から、開発を続けてきたそば「おしなそば」の提供を長野県諏訪地方の9店舗で開始する。信州の伝統野菜で諏訪市の上野地区で栽培される「上野大根...

北羽新報社

学校農園のサツマイモふんだん 三種町浜口小のパン、マフィン好評

 三種町浜口小(大山正道校長)の児童が16日、地元のパン・菓子製造販売業者の協力を得て開発したパンとマフィンを同町浜田の八竜ショッピングセンター・ポポロで販売した。学校農園で栽培したサツマイモをふ...

長野日報社

日本酒と料理の相性楽しむ事例集制作 長野県諏訪地方の酒蔵9蔵

 県酒造組合諏訪支部(林新一郎支部長)は、長野県諏訪地方の酒蔵全9社の酒と、それぞれに合う料理を写真と文で紹介する味わい事例集「諏訪の酒と、」を制作し、配布を始めた。「9蔵が心を一つにして実現...

チーズ料理で乾杯 帯広・北の屋台全20店で提供

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク