全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

アサギマダラ飛来 宮田の里17日にフェス

フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ=アサギマダラの里

 宮田村新田の「アサギマダラの里」に、長距離を渡るチョウ・アサギマダラが数多く飛来している。甘い香りを漂わせるフジバカマの花から花へと、鮮やかな浅葱色の羽を持つ大型のチョウがひらひらと舞っている。

 「アサギマダラの里」は、2014年から村が整備を開始し、現在は吸蜜植物のフジバカマ約4000株が植えられている。今月上旬からアサギマダラが姿を見せ始めると、村内外から多くの人が訪れて花の蜜を吸うチョウにカメラを向けている。

 駒ケ根市の伊藤由美子さん(60)は「今年はいつ来るかとずっと気にしていた。アサギマダラが飛び交う様子は素晴らしい」と見入っていた。

 村によると「今年は花の開花とアサギマダラの飛来の時期が重なりそう」といい、「これから気温が下がれば、さらに数が増える可能性が高い」と期待。飛来のピークは20日ごろと見ている。

 村は17日午前10時から、「信州アサギマダラフェスティバルin宮田」をアサギマダラの里で開く。午前はアサギマラの写真・ビデオ撮影講習会、午後は移動の実態を調べるため羽に日付や場所を記入するマーキングの講習会を行う。雨天中止。問い合わせは村産業振興推進室(電話0265・85・5864)へ。

関連記事

長野日報社

中ア山麓の酒造り紹介 オンラインで「美酒フェスタ」

 長野県の中央アルプス山麓で育まれた酒を味わう「第15回中央アルプス山麓美酒フェスタ」(実行委員会主催)が27日夜、オンライン形式で開かれた。地元酒造メーカー4社の代表が、各酒蔵の紹介や造り手によ...

荘内日報社

12年に1度「神主舞」奉納(出羽三山神社新嘗祭)丑歳御縁年農作物順調な収穫..

 出羽三山神社(宮野直生宮司)の新嘗(にいなめ)祭が23日、鶴岡市の羽黒山頂の合祭殿で行われた。  新嘗祭は、農作物が順調に収穫できたことを感謝する祭り。五穀豊(ほう)穣(じょう)を祈願する...

上士幌の農畜産物 食べて 道の駅で販売イベント

 JA上士幌町(小椋茂敏組合長)は21日、町内の道の駅かみしほろの屋外にテントを張り、農畜産物の消費拡大を呼び掛ける販売活動を展開した。  町産「十勝ナイタイ和牛」を使ったピザ(500円)や...

紀伊民報社

扇ケ浜にテントずらり 冬キャンプにぎわう

 和歌山県田辺市の扇ケ浜で20、21の両日、キャンプイベント「SHIOGORI CAMP winter(シオゴリ キャンプ ウインター)」があった。2日間限定のキャンプ場には約50のテントが並ん...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク