全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

市民の健康状態「見える化」 タニタと連携取り組み説明

大勢の市民が訪れ、関心の高さをうかがわせた13日のセミナー=中町にぎわい健康プラザ

 酒田市の新たな健康づくり事業「さかた健康チャレンジ」のセミナーが13日、市内で昼夜2回、開かれた。健康関連器具の「タニタ」(本社・東京都)と連携し、1日の運動量や体脂肪率などが分かる計測機器を使い、市民の健康状態を「見える化」し、運動や適切な食事への取り組みを推進するもの。セミナーでは市民がタニタ関係者の講話で、カロリーや塩分を控えたヘルシーメニューなど、健康的な食生活のこつを聞いた。

 事業は、希望する市民を対象に、1日に歩いた歩数や消費カロリー量が分かるタニタの「活動量計」を配布するとともに、市内3カ所(市役所、中町にぎわい健康プラザ、光ケ丘プール)に体脂肪率や基礎代謝量、筋肉量などが分かる同社の「体組成計」を設置。活動量計は市役所などに設置するリーダー(データ読み込み機)に接続し専用サイトに送ることで、パソコンや携帯電話などから1カ月分の推移を見ることができる。

 このようにして健康状態を「見える化」し、市民の主体的な健康づくりを支援する。また、10月のスタートセミナー、12月ごろの栄養セミナー(調理実習)、年度末の終了セミナーで情報提供し、取り組みへの意欲を高めていく。

 この日のセミナーは事前説明会を兼ねたもので、午後2時から東北公益文科大公益ホールで市民約130人、同6時半から中町にぎわい健康プラザで80人がそれぞれ参加し、同じ内容で実施。タニタヘルスリンクの管理栄養士・塚本珠代さんの講話を聞いた。

 夜の部で塚本さんは「タニタ食堂に学ぶ500キロカロリーまんぷくのコツ」と題して講話。「同じ体重でも、筋肉の多い人と脂肪の多い人ではカロリー消費量が違う」と適切な体重でいることが健康につながることを強調した上で、「目標設定は無理をせず、食事と運動を併用し、毎日続けられるものに」などと説明した。また、ヘルシーメニューを続けるこつでは、1バランス良く食べる(主食、主菜、副菜)2適量を食べる(食材の量を量ることを習慣に)3満腹感・満足感を大切に(よくかみ、旬の食材を取り入れるなど)―の3点を挙げた。

 さかた健康チャレンジの参加対象は、高校生を除く18歳以上で、市内在住、または在勤者。参加費は1800円。活動量計は500人に配布の予定。スタートセミナーは10月6日午後2時、同6時半、7日午前10時の計3回、いずれも中町にぎわい健康プラザで開く。問い合わせは市健康課=電0234(24)5733=へ。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク