全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

学校農園のサツマイモふんだん 三種町浜口小のパン、マフィン好評

三種町浜口小の児童がパンなどを販売

 三種町浜口小(大山正道校長)の児童が16日、地元のパン・菓子製造販売業者の協力を得て開発したパンとマフィンを同町浜田の八竜ショッピングセンター・ポポロで販売した。学校農園で栽培したサツマイモをふんだんに使った商品で、地域住民や保護者が買い求めた。21日も同所で数量限定で販売する。
 同校は勤労生産活動として30年以上前から学校農園でサツマイモを栽培しており、秋の収穫後に農産物直売施設などで販売。昨年度からは児童の発想を生かした商品開発にも取り組んでいる。
 今年度も4~6年生約40人が9月以降、ポポロ内にあるパン・菓子製造販売「メルシィ」の協力を得て、試食をしたり、商品名を考えたりと準備を進め、サツマイモのクリームや角切り、あんが入ったクリームパン、マフィン、あんぱんを完成させた。
 16日はクリームパン130個、マフィン100個を用意。午前11時の販売開始に合わせ、20人以上が行列を成し、次々に買い求めた。この日は4、6年生約20人が販売を担当し、店内で「いらっしゃいませ」「おいしいですよ」などと売り込んだり、会計をしたりした。約30分で完売すると、児童たちは万歳をして喜びを分かち合った。
 4年生の金子咲月さんは「みんなが食べやすいものを作ろうと考え、メルシィさんがおいしい商品を作ってくれた。行列がうれしかった」と笑顔を見せた。
 メルシィの荒谷義光さん(47)は「新型コロナウイルス感染症の影響でイベントなどが減り、残念な思いをしている子どもも多いと思う。商品開発は子どもたちにとって良い経験になったのではないか。私も勉強になった」と話した。
 21日は5年生が担当して午前11時からあんぱんとマフィンを販売する。商品は1個150円(税込み)。

関連記事

北羽新報社

白神ねぎ、豚なんこつカレーに 「天空の能代まんぷく給食」好評

 能代市内の小中学校で22日、「天空の能代まんぷく給食」が提供された。児童生徒たちは、地元特産の白神ねぎやB級グルメで知られる豚なんこつを使ったカレーに舌鼓を打ち、ふるさとの食材などに理解を深めた。...

長野日報社

伝統野菜の上野大根使用「おしなそば」完成 長野県諏訪地方の9店舗で提供へ

 諏訪商工会議所の資源開発部会(代田あゆみ部会長)は30日から、開発を続けてきたそば「おしなそば」の提供を長野県諏訪地方の9店舗で開始する。信州の伝統野菜で諏訪市の上野地区で栽培される「上野大根...

長野日報社

日本酒と料理の相性楽しむ事例集制作 長野県諏訪地方の酒蔵9蔵

 県酒造組合諏訪支部(林新一郎支部長)は、長野県諏訪地方の酒蔵全9社の酒と、それぞれに合う料理を写真と文で紹介する味わい事例集「諏訪の酒と、」を制作し、配布を始めた。「9蔵が心を一つにして実現...

チーズ料理で乾杯 帯広・北の屋台全20店で提供

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク