全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サケ負けるな 幕別とと・ろーどで遡上ピーク

滝のような形状の水路を力強く上るサケ

 千代田新水路の魚道観察室「とと・ろーど」でサケの遡上(そじょう)がピークを迎えている。産卵期を迎えたサケが、上流を目指し急流を上る様子が見られる。

 同施設は十勝川河口から約43キロ上流に位置し、海と川を行き来する魚類を中心に観察できる。昨年は台風の影響で8月中旬に施設を閉鎖し、本格的な遡上が見られるのは2年ぶり。

 今シーズンの初遡上は7月末に確認し、現在は1日500匹ほどが遡上している。階段状になった水路を勢いよく上る姿や、流れに負けて流されるサケも来館者の目を引いている。

 川に遡上するサケは婚姻色と呼ばれる赤や緑色に変化した魚体が特徴。管理人の岩堀嘉典さんは「雄は赤色が強く、雌は黒っぽい。遡上時期によっても色が変わっていく」と解説する。家族7人で訪れた男子児童は「こんなにたくさんのサケを見たのは初めて。泳いでいる姿が力強い」と驚いていた。

 サケの遡上のピークは10月までだが、11月30日の閉館日ごろまでは観察できる。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク