全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪神仏プロジェクト盛り上げ 参拝特典「ヤシカ・テラカ」配布中 長野県

八剱神社で配布しているヤシカを手に御神渡り観察の様子などを伝える宮坂宮司(右)

長野県の諏訪神社(現・諏訪大社)とともにあった神宮寺ゆかりの仏像を、所蔵する寺院などが一斉公開する「諏訪神仏プロジェクト」の参加神社、寺院が参拝者特典として「お社カード(ヤシカ)」、「お寺カード(テラカ)」を配布している。神社の特色や寺院が所蔵する仏像などを紹介している。

ヤシカ、テラカはプロジェクトを盛り上げようと一部の神社、寺院が作成し、配布している。デザインは縦横あり、大きさは約8・8センチ、6・3センチ。御朱印を授かった場合などに受けることができ、収集を楽しみにする人もいるという。

諏訪市小和田の八剱神社では、同プロジェクトに合わせ、所蔵する仏像の女神形摩利支天坐像、弁財天坐像を展示している。いずれも神宮寺由来ではないが協力公開している。ヤシカは同神社が判定と神事をつかさどる御神渡り(御渡り)を写真で紹介している。宮坂清宮司は、御朱印を受けた参拝者に仏像や寒さ厳しい厳冬期の朝の御神渡り観察の様子を伝えている。

諏訪神仏プロジェクトは27日まで。

関連記事

北羽新報社

「木都・能代」の林業テーマにモニターツアー

 能代観光協会は26、27の両日、林業に焦点を当てたモニターツアーを能代市内で行った。天然秋田杉の見学をはじめ、「木都・能代」を象徴する国登録有形文化財「旧料亭金勇」への訪問、木工体験などが行程に...

長野日報社

秋晴れの空と山並み水鏡 駒ケ根高原の大沼湖 長野県

 朝晩の冷え込みが徐々に強まり、長野県駒ケ根市と宮田村にまたがる駒ケ根高原では木々の色付きが深まっている。雪化粧した中央アルプスの姿が晩秋から初冬へと季節の移ろいを感じさせている。  同高原...

長野日報社

公開中の仏像紹介 諏訪神仏プロジェクト公式ガイド発売 長野県

江戸時代まで長野県の諏訪神社(現諏訪大社)とともにあった神宮寺由来の仏像などを一斉公開している「諏訪神仏プロジェクト」の実行委員会が、公開中の仏像などを紹介する公式ガイドブックを作り、11日に...

長野日報社

富士見の2大リゾート誘客促進事業 静岡から3カ月半で1万4602人 長野県

中部横断道・静岡―山梨間全線開通(昨年8月)を踏まえた長野県富士見町の静岡県民誘客促進事業で、富士見パノラマ、富士見高原の町内2大リゾートを訪れ、施設の無料キャンペーンを利用した静岡県民が10月...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク