全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

富士見の2大リゾート誘客促進事業 静岡から3カ月半で1万4602人 長野県

富士見パノラマリゾートでのイベントを楽しむ静岡県の家族(左側)。ゴンドラにも乗車した=7月31日

中部横断道・静岡―山梨間全線開通(昨年8月)を踏まえた長野県富士見町の静岡県民誘客促進事業で、富士見パノラマ、富士見高原の町内2大リゾートを訪れ、施設の無料キャンペーンを利用した静岡県民が10月末までの3カ月半で1万4602人に達したことが分かった。キャンペーンは13日が最終日。紅葉期も順調に推移し、目標(2万人)に近い誘客ができる見通しとなった。スノーシーズンに向けても積極的に町をPRしていく方針だ。

中部横断道の効果で、静岡市清水区から同町までの移動時間は約1時間半と大幅に短縮した。町は「静岡からの誘客に先手を打つ」として、今年度当初予算に事業費3000万円を計上。静岡県内で広告宣伝を打ち、7月16日から同県民に限ってゴンドラや自動運転カートなどを無料開放している。

町産業課によると、月別の無料キャンペーン利用者(2大リゾート合計)は7月1615人、8月5470人、9月3014人、10月4503人。1日のゴンドラ乗客のうち約3割が静岡県民だった日もあったという。道の駅「信州蔦木宿」など周辺施設でも静岡からの来訪者が例年より目立ち、「相乗効果も生んでいる」とみている。

無料キャンペーンを利用した同県民にはアンケートに協力してもらい、年代や居住市町村、交通手段、感想など10項目を尋ねている。町の資源で評価が高いのは「景観・眺望」で、「ペットと一緒に高原散策や登山ができることがうれしい」との声も多く寄せられているという。

来年度のキャンペーン対象は友好都市の川崎市と東京・多摩市、姉妹町の静岡・西伊豆町の在住者にする方向で検討中だが、「静岡全県からの新規顧客・再来訪者獲得の重要性は今後も変わらない」とし、アンケート結果も参考にしながら引き続き誘客促進を図る考えだ。

関連記事

北羽新報社

「木都・能代」の林業テーマにモニターツアー

 能代観光協会は26、27の両日、林業に焦点を当てたモニターツアーを能代市内で行った。天然秋田杉の見学をはじめ、「木都・能代」を象徴する国登録有形文化財「旧料亭金勇」への訪問、木工体験などが行程に...

長野日報社

秋晴れの空と山並み水鏡 駒ケ根高原の大沼湖 長野県

 朝晩の冷え込みが徐々に強まり、長野県駒ケ根市と宮田村にまたがる駒ケ根高原では木々の色付きが深まっている。雪化粧した中央アルプスの姿が晩秋から初冬へと季節の移ろいを感じさせている。  同高原...

長野日報社

諏訪神仏プロジェクト盛り上げ 参拝特典「ヤシカ・テラカ」配布中 長野県

長野県の諏訪神社(現・諏訪大社)とともにあった神宮寺ゆかりの仏像を、所蔵する寺院などが一斉公開する「諏訪神仏プロジェクト」の参加神社、寺院が参拝者特典として「お社カード(ヤシカ)」、「お寺カー...

長野日報社

公開中の仏像紹介 諏訪神仏プロジェクト公式ガイド発売 長野県

江戸時代まで長野県の諏訪神社(現諏訪大社)とともにあった神宮寺由来の仏像などを一斉公開している「諏訪神仏プロジェクト」の実行委員会が、公開中の仏像などを紹介する公式ガイドブックを作り、11日に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク