全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新千歳国際アニメ映画祭開幕 6日まで多彩な催し

第9回新千歳空港国際アニメーション映画祭(実行委員会主催)が3日、新千歳空港で開幕した。今年は3年ぶりに復活したプログラムも多く、人気アニメ作品の声優や監督を招くなど、6日まで多彩なプログラムを展開する。開会式に併せて千歳市の観光PR大使就任式が行われ、同市出身の声優・歌手鈴木愛奈さんがPR大使としての初仕事で会場を盛り上げた。

千歳市観光PR大使に就任した鈴木さん(右)

 映画祭は「空港全体で発信する、空港だからできる映画祭」をコンセプトに、2014年から同空港で開催。19年は最多の約4万3000人を動員したが、20年から新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、入場者数やプログラムを制限しつつ、オンライン配信する「ハイブリッド開催」としていた。

 今年は声優などをゲストに招く有観客トークプログラムを3年ぶりに復活。アニメーション作品の短編部門は、応募が94の国と地域から2058作品あり、うち71作品がノミネート。長編は25の国と地域から応募42作品で、うち5作品がノミネート。国内線ターミナルビル4階の新千歳空港シアターで上映する。

 開会式は空港内のポルトムホールで行い、関係者、一般参加計約220人が参加。小出正志実行委員長が開会宣言し、「来年はいよいよ10年。大きく、立派な映画祭に発展した」と述べた。同空港を管理・運営する北海道エアポートの蒲生猛社長がビデオメッセージで「着実にファンが増え、社会的評価が高まっている。世界にどんどん発信して」と期待を寄せた。

 また、千歳市観光PR大使就任式も行われ、山口幸太郎市長が鈴木さんに委嘱状を手渡した。同大使は歌手水森かおりさんに次いで2人目。山口市長は「『邪神ちゃんドロップキック千歳編』など、大活躍の中でも千歳市と関わりを持っていただいている」と感謝し、鈴木さんは「千歳のために恩返ししたい」と意気込んでいた。

 プログラムや配信など詳細は、同映画祭公式サイトで紹介している。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク