全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ランバイク知って 駒ケ根高原で来月大会

ランバイクにまたがり、一斉にスタートする「Go Riders」の子どもたち。10月14、15日に駒ケ根大会が開かれる

 ペダルがない自転車「ランバイク」のレース「ドリームレーサーカップ」の駒ケ根大会が10月14、15の両日、幼児から小学低学年までの選手が全国から集まり、駒ケ根市の駒ケ根高原家族旅行村で開かれる。レース未経験者限定の「お友達レース」や試乗体験もあり、選手を送り出したり運営に協力したりする地元の親子チームは「ランバイクの魅力、レースの楽しさを知ってほしい」と、参戦や観戦を呼び掛けている。

 駒ケ根大会は今年で4回目を迎える。年齢別などで細かくクラス分けされており、参加者全員が表彰されるのも特徴の一つ。昨年は約100人が出場したという。

 駒ケ根市を拠点とする親子チーム「Go Riders(ゴー・ライダース)」が伊那市西春近の駐車場で10日開いた練習会。子どもたちは両足で地面を蹴ってぐんぐん加速し、巧みなコーナーワークでS字などのカーブを切り抜けていった。

 小学3年以下のオープンクラスに出場予定の鈴木琳汰君(7)=赤穂小1年=は「1位になったり表彰台に立ったりするとうれしい。駒ケ根の大会だから頑張る」。体力やバランス感覚を養い、自転車の上達にも役立つとされるランバイク。同じクラスに出場予定の佐野絢斗君(6)=同=の父親で、会社員の博康さんは「悔しい気持ちを持つようになり、向上心が強くなってきた」とレースを通じた成長も実感する。

 両日ともに午前9時から開始する。お友達レースは14日正午から(午前11時半から受け付け)。綱渡りスポーツのスラックライン体験などの催しもある。同チームの松崎智久代表は「今回の練習場所も地元の会社の協力でお借りすることができた。大会で盛り上がりを見てもらい、ランバイクの仲間や協力者、理解者が増えればうれしい」と話している。

 大会の詳細は公式ホームページへ。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク