全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

第145回秋田県種苗交換会が開幕 能代山本からも出品農作物

大仙市で県種苗交換会が開幕。生産者が丹精込めて育てた農産物が来場者の関心を集めている(大曲体育館で)

 第145回県種苗交換会(JA秋田中央会主催)は29日、大仙市で開幕した。主会場の大曲体育館では、県内農家が丹精込めて育てた農産物1350点が展示され、来場者が栽培技術の高さに触れた。会期は来月4日まで7日間。新型コロナウイルスの影響下で3度目となる「農業の祭典」は、今年も感染防止対策の徹底を図る一方、前回まで主催行事としての実施を見送った農業機械化ショーが復活するなど、コロナ禍前と同水準の規模で多様なイベントが催される。

 明治11年に種子交換会として始まり、戦時中も途切れることなく続いてきた本県最大の農業イベント。大曲市民会館で行った開会式で、中央会の斉藤一志会長は「食と農に理解を深めてもらい、生産者と消費者の結び付きが強まる機会になるよう願っている」とあいさつした。
 大曲体育館が会場の農産物出品展示では、県内の生産者が1350点を出品。感染防止で会場スペースに余裕を持たせる必要があり、コロナ禍前の2千点前後より出品数を抑えたが、水稲や果樹、野菜など8部門で高品質な産品が並んだ。
 能代山本関係は野菜を中心に果樹、水稲、切り花、シイタケなど約130点が出品。三種町の野呂田雅彦さんの日本なし、能代市の山谷真さんのキャベツなど4点が県知事賞に選ばれるなど、栽培技術の高さを示した。
 体育館と隣接する大仙市役所の駐車場には「だいせん農食マルシェ」を開設し、地場産品や地元グルメなどを販売している。多数の農機メーカーが製品を出展する「農業機械化ショー」は、協賛第2会場の「大曲の花火公園」(雄物川河川敷)で行われている。
 初日の29日は、本格販売が開始された県産米新品種・サキホコレをアピールするイベントも実施。東京会場とオンラインで結び、県産米のブランド力向上に誓いを新たにした。
 主要行事の一つである談話会は、30日午前9時30分から大曲市民会館で開く。「オールラウンダーを目指す秋田米ブランドの再構築について~“サキホコレ”本格デビューを迎えて~」をテーマに生産者やJA、農政の関係者が議論する。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク