全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県箕輪町の紅葉の名所「もみじ湖」 マイカー規制始まる

車からシャトルバスに乗り換えて、景勝地近くの駐車場に降りる観光客ら

 長野県箕輪町の紅葉の名所、箕輪ダム「もみじ湖」一帯が見頃を迎えた29日、もみじ湖沿いの県道のマイカー規制と観光客を送迎するシャトルバスの運行が始まった。町が今年度試験的に導入した、混雑期の渋滞緩和策の一環。観光客は車からバスに乗り換えて、人気スポットへ足を運び、紅葉の壮観な眺めを満喫した。町によると、新たな仕組みは滞りなく運用でき大きなトラブルはなかったという。

 もみじ湖は約1万3000本のモミジが植わる名所。昨季の来場者は過去最多となる10万6000人で、前季と比べて1.5倍以上になるなど、近年、人気が過熱。来場者の急増に伴い交通トラブルが生じ、地域住民の生活や自然環境にも悪影響をもたらしている状況などを踏まえて、マイカー規制を取り入れることにした。

 この日も県内外から大勢の観光客が来場した。自家用車をダム下流の広場に設けられた臨時駐車場に駐車。シャトルバスに乗り換えて、ダム上流にある景勝地の「もみじのトンネル」付近で降りた。トンネル付近はほぼ見頃。鮮やかな赤、光を浴びて輝く黄、緑などの美しいグラデーションに息をのんでいた。マイカー規制に関しては、歓迎する声があちこちで聞かれた。2年前に混雑期に訪れたという東京都の50代女性は「狭い山道での対向車とのすれ違いが怖く、車の駐車スペースも埋まっていて大変だった。今日はストレスもなく(バスだと)安心。来やすくなった」と喜んでいた。

 規制期間は11月6日まで。臨時駐車場から景勝地付近までの約3.3キロ区間をバスでつなぐ。駐車場の利用は事前予約制で、1台につき協力金1500円が必要。インターネットなどで申し込みを受け付けている。

関連記事

平松食品御津工場で「ハゼの甘露煮」づくり佳境

 おせち料理に使われる「ハゼの甘露煮」づくりが、豊川市御津町の「平松食品」御津工場で最盛期を迎えた。 味の決め手は秘伝のタレ  先月から作業が始まった。三河産と中国産のハゼのはらわたを取...

豊川稲荷で「すす払い」始まる

 豊川稲荷で5日、年末恒例の「すす払い」が始まった。今月中旬頃まで続き、本殿をはじめ境内各所の建物などを清めて迎春準備を整える。  初日は僧侶や職員ら約50人が早朝から作業。建物内の置物を外に...

福かき寄せ商売繁盛 豊橋の西光寺で「三河酉の市」

 年末の風物詩「三河酉の市2023」が1日、豊橋市大手町の西光寺で始まった。商売繁盛や家内安全を願い、多くの人が訪れた。主催は三河酉の市奉賛会。4年ぶりの完全開催となった。  1909年、浅...

長野日報社

外国人向け”ディープな諏訪”体験プレミアムツアー 岡谷市の御諏訪太鼓興業が..

長野県岡谷市神明町の御諏訪太鼓興業は、諏訪の歴史・文化を体験する外国人向けプレミアム旅行ツアー商品を開発し、国内外で利用できる旅行サイト「Attractive JAPAN(アトラクティブ ジャ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク