全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地酒「十勝晴れ」一貫生産体制に 帯広畜大・碧雲蔵で醸造開始

 十勝酒文化再現プロジェクト(事務局・帯広信用金庫)が進める地酒「十勝晴れ」について、新米を使った醸造作業が28日、帯広畜産大内の酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」で始まった。今年は事業開始以来初めて、生産から醸造まで十勝で完結する体制となり、作り手らも張り切っている。

初めて取り扱う音更町産酒米のため、的確な時間を探りながら浸漬作業などを行う若山杜氏(右)ら

 同プロジェクトは地酒の復活を目的に2010年、産学官金などが連携してスタート。以来、原料の酒米は音更町十勝川温泉の農家白木祐一さん(77)が栽培で協力、小樽の酒蔵まで米と水を運んで、醸造していた。

 ただ、今シーズン限りで白木さんが高齢化のため引退し、醸造先を変更することを同時発表。碧雲蔵は上川大雪酒造(上川管内上川町)が地元企業らと20年に建設した全国初の大学内酒蔵で、各種コンクールでも入賞する実力を持つ。

 この日は、入荷したての音更産酒米「彗星(すいせい)」40キロ分について、ぬかなど不純物を取り除く洗米や米に水分を含ませる浸漬(しんせき)作業を行った。同蔵の杜氏(とうじ)若山健一郎さん(51)の指示で、職人らは真剣な表情で浸漬時間を調整するなどしていた。

 初回の出荷分として2000リットルタンク4本分を醸造するため、今後、こうじ造りや発酵作業などを繰り返す。若山さんは「十勝の米は初めて取り扱うが、素直ないい米。十勝の皆さんに親しんでもらえる地酒に仕上げたい」と話した。

 「十勝晴れ」は12月上旬から販売を予定している。

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク