全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市職員らが災害廃棄物処理の研修会【宇部】

津波想定し仮置き場選び

 大規模災害で発生する「災害廃棄物」の処理に関する講演と研修会が28日、宇部市の文化会館で開かれた。廃棄物対策などに携わる市や近隣自治体の職員21人が参加。住民が廃棄物を持ち込む仮置き場の選定や開設、運営方法について学んだ。

 市は、中国四国地方環境事務所が仮置き場の設置運営に関して検討するためのモデル地域に選ばれている。同日はその一環で、国立環境研究所客員研究員の宗清生さんが講演。仮置き場の効率的な運営に向けた事前準備として、東日本大震災などの例も挙げながら「想定外の量の廃棄物が集まることもある。できるだけ多くの候補地を探しておくことが重要」と伝えた。

 市のハザードマップを参考に、場所の選定や場内での廃棄物の配置について考えるワークショップもあった。南海トラフ巨大地震による津波で浸水被害が発生したと想定。参加者は7人ずつのグループとなり、市が選定した候補地の中から実際に開設するのに適切な場所を選んだ。

 参加した市廃棄物対策課収集管理係の谷﨑日出夫係長は「ごみは塩水に漬かっているので、臭い対策のため町中から離れた場所を選ぶようにした。今後も分別方法や広報の精度を上げていきたい」と話していた。

 来年2月には仮置き場の運営に関する実地訓練を予定している。

関連記事

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

宇部日報社

コミュニティ・ミートアップ 〝Aスクエアを面白く〟3分野の実現へ【山陽小野..

 「さんようおのだコミュニティ・ミートアップ」が21日、中央2丁目の複合施設「Aスクエア」で開かれた。34人が参加して同施設を盛り上げ、魅力ある場所にする取り組みについて考え、「サッカーJ2レ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク