全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御射鹿池 水面のカラマツ黄金色 長野県茅野市の奥蓼科

黄金色にカラマツ林が穏やかな水面に映り込み、幻想的な雰囲気を醸し出している

長野県茅野市奥蓼科の御射鹿池で周囲のカラマツ林が黄金色に黄葉し、見ごろを迎えている。秋の景色を水面に映し出し、訪れた観光客らを楽しませている。

画家・東山魁夷の作品「緑響く」のモチーフになったことでも知られる同池。朝から夕方までさまざま表情を見せる景色を楽しもうと、行楽客が訪れている。29日夕は曇り空となったが、風はなく、波一つない水面に黄金色のカラマツが映り込み、幻想的な雰囲気を醸し出していた。

諏訪地方をたびたび訪れているという松尾章さん(68)=岐阜市=にとって同池はお気に入りの場所の一つ。昨秋も今年の緑一色の7月にも訪れているといい、「ここは東山魁夷の有名な作品のゆかりの場所だからね。毎年見に来ているよ。いつ来てもきれいだね」とほほ笑んでいた。   市観光案内所によると、黄葉は11月上旬ごろまで楽しめるという。

関連記事

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク