全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

色鮮やか深紅の婚姻色に歓声 千歳水族館でベニザケ展示始まる

深紅の婚姻色が美しいベニザケ

 サケのふるさと千歳水族館で7日からベニザケの展示が始まった。紅葉を思わせる深紅の婚姻色の魚体が来館者の目を楽しませている。

 ベニザケは、水産総合研究センター北海道区水産研究所千歳さけます事業所が美々川に放流し北洋までの長旅を終えて回帰した雄5匹。道の許可を得て水族館職員がこのほど捕獲した。

 盛り上がった背と曲がった鼻が特徴。体長は50~60センチ。大きさから4年魚とみられるという。

 現在、水族館では千歳川を遡上(そじょう)したシロザケと北見管内さけ・ます増殖事業協会がオホーツク海の常呂川で捕獲したカラフトマスを譲り受けて中水槽で展示中。ベニザケの仲間入りで、回帰した3種類のサケの親魚がそろった。道内では、この時期の千歳水族館だけ。

 来館者は「わーっ、真っ赤だ」「すごい、こんなサケがいるんだ」と歓声を上げ、早速スマートフォンに収めていた。

 円柱水槽で展示するベニザケは塩分が混ざった汽水を使ってカビの発生を抑え、ろ過装置と冷却機を稼働させている。水族館では「ベニザケの展示は10月いっぱい。早いうちに美しい姿を見てほしい」と話している。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク