全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

加茂水族館に台湾から実地研修

 鶴岡市の加茂水族館(奥泉和也館長)に台湾の水族館から飼育員が実地研修に訪れた。期間は26日から30日までの5日間。クラゲを適切な環境で飼育するためのノウハウを学んでいる。

 研修に訪れたのは台湾南部にある「国立海洋生物博物館」の生物部・陳冠誠(チンクワンチェン)さん(25)さんと李晨寧(リーチェイニー)さん(40)の男女。クラゲの繁殖と飼育技術を学ぶため、世界的にクラゲで有名な加茂水族館を選んだという。

クラゲ水槽のバックヤードで飼育について学ぶ陳さん(左)と李さん。右は池田さん

 初日の26日は奥泉館長が館内を案内。午後からはバックヤードで担当者が付き添い、クラゲを飼育する適切な温度や塩分濃度、海水の交換、ろ過装置の仕組みなど基本的なことについて説明した。

 陳さんは「実際に来てみて、これほど多くのゼリーフィッシュを展示しているとは驚いた。研修期間中、飼育全般についてしっかり学びたい」と語った。

 これまで加茂水族館では国際交流の一つとしてフランス、香港、タイといった水族館の担当者や研究者を受け入れてきた。コロナ禍となってからは途絶えていたが、今回が約3年ぶりの「再開」となった。

 担当の池田周平さんは「せっかくの機会。疑問に思ったことはできるだけ対応したい。台湾に戻ってから加茂水族館のことを話題にしてもらえればうれしい」と話していた。

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク