全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

おにぎりで「食」支援 アフリカ、アジアの子どもたちに給食を 厚真高生ら協力呼び掛け 厚真

厚真高校の生徒と厚真町の公営塾「よりみち学舎」が共同で、おにぎりを通じた寄付活動「おにぎりアクション」に取り組んでいる。おにぎりに関する写真をSNS(インターネット交流サイト)に投稿すると、アフリカ、アジアの子どもたちに給食が届く仕組みになっており、生徒たちは町内外で協力を呼び掛けている。PR用おにぎりの試作も進めており、「文化の日」の11月3日に町内で限定販売を計画している。

「おにぎりアクション」への協力を呼び掛ける厚真高生徒

 同アクションは、国連で定める「世界食料デー」に合わせて、特定非営利活動法人「TABLE FOR TWO International」が行っている取り組み。今月6日から来月6日までの期間中、おにぎりの写真を会員制交流サイト「フェイスブック」や写真投稿サイト「インスタグラム」、ツイッターなどのSNSで投稿すると、写真1枚につき給食5食分が贈られる。費用は賛同企業・団体が負担する。

 厚真高では、公営塾スタッフの山中卓也さん(41)が生徒たちに提案したのがきっかけとなり、1年生8人がプロジェクトに賛同。「厚真から『1000食分』」を目標に、オリジナルのチラシを作って町内外で配ってアピールするほか、新作のメニューを考案してSNSで発信している。11月3日には、考案メニューの中から採用したオリジナルのおにぎりを、「まちなか交流館しゃべーる」の協力で販売する。

 厚真高生徒の活動に協力する場合、SNSで投稿する際は「#OnigiriAction」「#Atsuma」を添え付けすること。1年生の秋田さくらさん(15)は「みんなで協力して社会に貢献することが目標。食に困っている子どものために給食をたくさん届けたい。活動を北海道全体に広げていけたら」と意気込みを語る。

 山中さんは「高校生が中心となった発信は聞いたことがない」と言い、取り組みを通じ「世界貢献は意外と簡単にできるということ、今後彼らが何かをやりたいと思った時に厚真町には協力してくれる方々がたくさんいることを感じてほしい」と目を細める。

 取り組みの様子は、専用インスタグラム(onigiri_project_at_yorimichi)などで紹介している。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク