全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

現存する最古の柄を復刻 本場奄美大島紬協組 精巧な技術で美しい仕上がりに

初反の完成を喜ぶ関係者ら=26日、鹿児島県奄美市名瀬

 本場奄美大島紬協同組合(牧雅彦理事長)はこのほど、所蔵する最古の反物の柄を復刻させたオリジナルの大島紬を完成させた。復刻柄による生産は紬協組初の試みで、日本きものシステム協同組合(JKS、本部京都、武内孝憲理事長)の依頼を受けて製作。26日、鹿児島県奄美市名瀬の産業支援センターで納品の式典があり、精巧な技術で復刻された微細で美しい仕上がりにJKS関係者からは歓喜の声が上がった。

 復刻柄のプロジェクトは、2021年の紬協組創立120周年に伴う事業の一環。全国47社の呉服専門店が加盟するJKSが、産地の活性化や後継者育成などを目的に紬協組へ発注し、図案から製織、点検まで約1年かけて製作された。〝大島らしさ〟を残しつつ、現在の市場にはない柄行が特徴。復刻柄については文献の記載がなく、詳細は不明だが、約100年前のものとみられる。

最古の柄を復刻した大島紬

 JKSの武内理事長(50)は「伝統の中にも新しいにおいが織りなされ、すごく美しい。細かな柄を織れる技術者が減ってきていると聞き、今後は訓練生にも復刻柄を手がけていただき、小売店という立場で産地に還元、支援ができる関係性を築いていきたい」と話した。

 紬協組の牧理事長(65)は「試行錯誤しながらの製作となったが、非常に良い出来栄え。今回限りでなく、2回、3回と発注をいただき、作り手と売り手の交流を深めていけることを願う」と期待した。

 今回の受注は全16反。既に8反が仕上がっており、11月中にはJKSへ全反が納品される予定。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク