全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

棒踊りなど奉納 喜界町島中集落 2年ぶり「亥の日遊び」 豊作と安全を祈願

4人1組で棒を打ち合う島中棒踊り=25日、鹿児島県喜界町島中

 鹿児島県喜界町の島中集落(平島文麿区長、25世帯50人)で25日、亥(い)の日遊び(豊年祭)があった。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となり、2年ぶりの開催。住民らが保食神社前に集って棒踊りや八月踊りなどを奉納し、シマ(集落)の豊作と安全を祈願した。

 平島区長によると、亥の日遊びは10月最初の亥の日に開かれる集落行事。同集落の棒踊りは、しまゆみた(方言)で「ブットンカー踊り」とも呼ばれ、2017年に喜界町の無形民俗文化財に指定された。

 午後2時、住民や出身者らがそろいの浴衣や法被などに身を包み、土俵を囲んでの八月踊りでスタート。軽やかに棒を打ち合う女性の棒踊り、列を素早く入れ替えながら棒を打ち合う男性の棒踊り、女性がざるを持って踊る安木節、男性の相撲甚句と続き、敬老者を楽しませた。

 集落住民からは「普段、集落内でも会わない人も多く、少し寂しい思いもしていたが、みんなで集まって踊ることができてうれしい。」と喜びの声も聞かれた。

 平島区長は「昨年は中止となったが、住民同士のつながりや伝統芸能の継承などに、豊年祭開催の重要性を実感した。集落の人たちも開催を待ち望んでいたので、シマから盛り上げたいと思った」と語った。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク