全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

収穫したて、カリン砂糖漬け 長野県諏訪市の中央食品工業

手際よく砂糖をまぶして仕上げるスタッフ

 長野県諏訪市諏訪2の中央食品工業(伊藤泰輝社長)は、諏訪地方特産のカリン(マルメロ)を使った砂糖漬け作りに追われている。収穫したての実を加工するこの時期のみの季節作業。栽培農家の減少で果実の確保に苦慮し、今年は市が観光のため栽培管理する諏訪湖畔のカリン並木からも調達。観光客の戻りに需要増を期待して、昨年の2倍近い約1トンを加工する。

 創業以来、3代にわたり手掛ける”看板商品”の一つ。昨シーズンは不作で早々に完売したこともあって、今年の発売を心待ちにするファンが多く、問い合わせが相次いでいるという。

 コロナ禍で観光客が激減したこの数年で栽培農家が減ってしまい、「ぎりぎりまで実の確保に奔走した」と伊藤社長。集めた実は1個ずつ布で拭って表面の毛と汚れを取り、割って芯を抜いたら厚さ1.5ミリほどの薄切りに。水にさらした後、双糖でゆっくり煮詰め、釜から上げて砂糖をまぶす。煮るとマルメロ特有の渋みが抜けて香りが立つという。

 スタッフはベテランぞろいで手際がよく、薄切りにした1枚1枚を丁寧に仕上げている。砂糖漬けは「紅茶に入れるのがお勧め。香りがよく、甘みと酸味が絶妙」といい、諏訪地方の土産品店やスーパー、サービスエリアなどで販売を始めている。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク