全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

1000人のランナー〝港都〟力走 3年ぶり酒田つや姫ハーフマラソン

 第11回「湊酒田つや姫ハーフマラソン大会」が16日、酒田市光ケ丘陸上競技場をスタート・ゴールする2種目で行われ、全国から出場した1000人余のランナーがやわらかな秋の日差しの下、中心市街地や酒田北港などを通るコースを力走した。

ランナーが健脚を競った湊酒田つや姫ハーフマラソン

 同市出身で本県初の五輪選手(マラソン競技)となった茂木善作翁(1893―1974年)を記念した茂木杯ハーフマラソンと、酒田砂丘マラソンを統合し、2012年から毎年この時期に開催している。コロナ禍の影響で3年ぶりとなった今大会は、感染拡大防止の観点から参加を18歳以上の一般のみに限定。全国各地からハーフに653人、10㌔に412人がエントリーした他、ゲストランナーとしてタレントの野々村真さんを招いた。

 スタート地点となった同競技場東側の国道112号では、野々村さんが「3年ぶりの大会。皆さん頑張って」とランナーを激励、一緒に勝どきを上げた。荘司敏博酒田市陸上競技協会長の号砲で9時50分にハーフの部がスタート。ランナーは、沿道に詰め掛けた大勢の市民らによる拍手の鼓舞を受け、それぞれのペースで力走していた。

 インターネットエントリーサイト「ランネット」で同大会は2019年、スタッフの対応やコース設定の在り方などの総合評価が全国の10月開催の大会で「1位」となるなど高い評価を得ている。今大会でもコース沿道15カ所に給水所を設け、シャインマスカットや飲み物を提供、約250人ものボランティアスタッフが運営を支えた。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク