全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北糖本別 最後の製糖 操業1カ月短く ビート収量減

工場内に運び込まれたビート

 今期限りの生産終了が決まっている北海道糖業本別製糖所(本別町勇足)で、最後の製糖作業が行われている。原料のビートを受け入れて12日から加工を始めた。収量が平年を下回る予測から、工場は来年1月中旬までの稼働を計画。来期からは生産は社内外の別工場に委託するが、拠点機能は残して原料の買い付けは続ける。

 同工場は管内8町からビートを集荷し、グラニュー糖を製造している。今年産の作付面積は約5000ヘクタール(526戸)で、湿害や病害虫の影響で収量や糖度も平年を下回るとみている。操業期間は収量に左右されるため例年より1カ月以上短くなる見通し。同工場の土肥拓副所長は「今年で製糖は終わりだが、いつも通り安全な操業に努めたい」と語る。

 同工場は1962年、旧大日本製糖が建設し、68年から北糖本別製糖所になった。陸別町から広尾町まで管内東・南部のビートを受け入れて発展してきたが、近年は砂糖需要の減少や生産設備の老朽化などに直面し、拠点見直しの中で本別の生産終了が決まった。

 来期以降も原料の買い付けなどは続けるが、製造は北見製糖所(北見市)やグループ企業の日本甜菜製糖芽室製糖所(芽室町)に委託する。ビートは両工場に直接運び込むか、本別製糖所の敷地内に一時的に保管して転送。製造された砂糖は北糖ブランドで販売する。

 畑作の輪作体系の中で生産されてきたビートだが、重労働やコストなどの面で作付けは減少傾向。本別町内の50代の農家は「多くの農家にとってビートは中心的な作物。工場が遠くなるので、どうさばいて運ぶのだろうか」と語り、70代農家からは「地元に工場があるから作ってきた人は多いのでは」との声も聞かれる。

 土肥副所長は「原料はこれまで通りに受け入れ、合理的な輸送を考えながら他工場に割り振っていく。生産者が心配されることがないよう対応や準備をしていきたい」と話している。

工場最後になる製糖作業が行われている北海道糖業本別製糖所

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク