全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪圏工業メッセ閉幕 3日間来場者1万4364人 長野県諏訪市

出展ブースを見学する親子。最終日は多くの家族連れが来場した

 長野県内最大の工業見本市「諏訪圏工業メッセ2022」(同実行委員会主催)は15日、3日間の日程を終えて閉幕した。新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりとなった対面開催に、出展社関係者からは「対面に勝るものはない」と好評の声が聞かれた。土曜日となった最終日は家族連れも多く訪れ、ものづくりの魅力に触れていた。

 諏訪市の諏訪湖イベントホール(旧東洋バルヴ諏訪工場跡地) を主会場に開いた同メッセ。約390の企業や団体が出展した主会場には、2日目までは各企業の制服やスーツ姿のビジネスパーソンや学生の姿が目立ったが、15日は親子連れが目立った。

 同市城南小学校5年の児童(10)は、前日、学校の授業の一環で訪れたが、ゆっくり見学するため父親、弟(9)と来場した。児童は「大きな機械がゆっくり見られて面白かった」。弟は「初めてメッセに来た。会場が広くてびっくりした」と話した。

 久々の対面開催で会場は活気に満ちた。3日間の来場者数は1万4364人(速報値、主催者発表)で、直近開催の2019年の2万7841人から大幅に減少したが、出展した企業関係者は商談や製品PRで手応えを得た様子。精密加工の太陽工業(同市)営業部の川上将樹主担当は「来場者の顔を見て雑談することで、ビジネスチャンスを広げることができるので、対面は重要」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク