全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

食を通じ交流 スペイン・バスク州ビルバオ地方の一行 白老アイヌ協会

スペイン北部のバスク州ビルバオ地方から「ビルバオ北海道プロジェクト」視察団が13日、白老町を訪れた。地元ビルバオ地方の沿岸に自生する海藻類を食用として活用する知見を得るとともに、アイヌ文化を探究することが目的。団員たちは、白老アイヌ協会の会員らと昆布を使った料理などを作って交流した。

握手を交わす白老アイヌ協会の山丸理事長(左)とビルバオスローフード協会名誉会長のゴメス氏

 視察団は、代表を務め、今年5月に下見で函館市などを訪れているビルバオスローフード協会名誉会長のマリアーノ・ゴメス氏(59)と、ビルバオ地方のミシュラン三つ星レストランのシェフら5人。

 11日に来道し、16日までの6日間、渡島、胆振、日高管内の各地を巡り、青のりの養殖をはじめ、昆布やガゴメ昆布の加工、品質管理、調理方法などを学ぶ。バスク人はフランコ体制下のスペイン(1936年~75年)で、バスク語の使用やバスク国旗の掲揚を禁止されており、同様の歴史がある中で独自の文化を営んできたアイヌ民族の文化にも理解を深める。

 白老町では、民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、国立アイヌ民族博物館の展示や伝統芸能を見学した。その後、白老コミュニティセンターに移動し、白老アイヌ協会会員の手ほどきで、昆布でだしをとったチェプオハウ(サケの汁物)やペネコショイモサヨ(しばれイモのかゆ)などを作り、試食をしながら交流した。

 ゴメス氏は、歩んできた歴史の類似性で同協会の山丸和幸理事長(74)と共鳴。談話で「グローバリゼーションの中にあっても文化や食の独自性を失わず、世界に発信をし続けてほしい。アイヌの伝統料理の味には幸福感がある」と述べた。山丸理事長は「(ゴメス氏から)郷土や民族、文化に対する熱いエールを受けた。この出会いを大切にしたい」と話していた。

 プロジェクトを支援し、視察行程をコーディネートする札幌国際大学教授で内閣府地域活性化伝道師の遊佐順和氏(54)は「視察団が訪問先の町の人たちにとって、食材の魅力を再認識したり多文化共生への相互理解を深めたりする機会になれば」と期待する。

 一行は14日に平取町でアイヌ文化への理解を深め、16日に新ひだか町でもアイヌ文化や食用としての海藻の利活用について探究する。

握手を交わす白老アイヌ協会の山丸理事長(左)とビルバオスローフード協会名誉会長のゴメス氏

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク