全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全共首席獲得に喜びの声 徳之島町の生産者・武元さん 大島地区の畜産振興期待

全共の総合評価群に出品された「亀吉」の生育に携わり、首席獲得に貢献した武元晴輝さん(右)、重彦さん親子=11日、鹿児島県徳之島町母間

 鹿児島県の霧島市と南九州市で6~10日にかけて開かれた第12回全国和牛能力共進会(全共)。鹿児島県は全9区の出品部門のうち、花形とされる6区(総合評価群)を含め6部門で首席を獲得した。6区には徳之島町で生まれた「亀吉」も出品され、県勢として初の総合評価群制覇に貢献。「亀吉」を子牛まで育てた武元晴輝さん(50)も喜びの声を上げている。

 総合評価群は同じ種雄牛から生まれた繁殖牛4頭(種牛群)、肉牛3頭(肉牛群)の成績で順位が決まり、高い改良と飼養技術が求められる部門。「亀吉」は肉牛群で出品された。

 「亀吉」の生産者名義人は徳之島町母間の武元光代さん(75)。2019年に神奈川県からUターンし、光代さんの夫、重彦さん(78)から畜産業を引き継いだ次男の晴輝さんが、20年11月から21年5月までの約7カ月間育てた。その後、同年6月に霧島市で開かれた全共「肉牛の部」の候補牛斡旋(あっせん)会で、落札した江籠(えご)畜産が肥育して出品した。

 帰郷するまで犬も飼ったことがなかったという晴輝さん。「畜産は分からないことばかりだったが、島内の畜産関係者からの助言もあって育てることができた。いい母牛を育てていた父のおかげで県から優秀な種雄牛との計画交配の打診があり、亀吉の生育に携われた」と当時を振り返り、「全共という大きな大会で首席をとることに、少しでも貢献できたことがうれしい」と喜んだ。

 また、晴輝さんは「大島地区ではいい子牛が育つ。今回の結果は素牛産地として大島地区を全国にアピールできた。近年は子牛競り相場が値下がりして厳しい状況にあるが、全共の結果を弾みに多くの購買者に足を運んでもらって、畜産業界の盛り上がりに期待したい」とも話した。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク