全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

草江駅のアートプロジェクト本格化

路線を赤色で塗る中学生たち(JR草江駅で)

 JR宇部線利用促進協議会(伊藤一統会長)が企画するアートプロジェクト「駅舎アート@草江駅」は中盤の7日、山口県宇部市の常盤中の生徒が作業を手伝い、完成に一歩近づいた。9、10日は恩田小の子どもたちが着色する。

 駅舎を彩るデザインは、東京を拠点に活動する線画家・イラストレーターの郷さとこさんが担当。常盤公園の動植物をメーンとした宇部の自然を、駅舎の壁全体が一つの杜(もり)となるように描く。4日から下書きを開始し、5日から恩田校区子ども委員会で構成するサポーターら20人が、青の水性ペンキで主となる線画を書く作業を支援してきた。

 常盤中美術部の生徒6人が任されたのは、駅舎内の掲示板部分。草江駅を中心とした宇部周辺の路線図をイメージしたデザインで、宇部線、小野田線、山陽本線、新幹線の路線を赤色で塗っていった。8ミリの太さを意識しながら、慎重、丁寧に筆を動かした。生徒たちは「作業は思っていたより難しく、失敗しないように気を付けた。見て楽しく、手伝ったことが思い出になる駅舎になってほしい」と、完成を心待ちにした。

 9、10両日は、四つの時間帯に分け、約50人が参加予定。郷さんの指示を受けながら、色を塗る。完成は12日の予定。23日に完成記念セレモニーを行う。企画は、無人駅の同駅をアートでよみがえらせ、人の流れを生み出し、地域の活性化を図ることが目的。地域住民もボランティアで取り組みを支えている。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク