全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「杉玉」を新たな名産に 株式会社龍神村

はさみを使い、杉玉がきれいな球状になるように形を整える大江英樹さん(和歌山県田辺市龍神村柳瀬で)

 和歌山県田辺市龍神村の住民有志が出資した「株式会社龍神村」(伊藤研治代表取締役)は、龍神村産のスギの葉を使った「杉玉」の販売を始める。新鮮な葉を使って一つ一つ手作業で作っており、リラックス効果があるとされる爽やかなスギの香りを楽しめる。インテリアなどとして利用でき、10月から注文を受け付ける。

 作るのは大(直径約60センチ)と小(直径約30センチ)の2種類。龍神杉の葉を数本ずつまとめたものを、竹製の枠に差し込んで固定し、バリカンやはさみを使って丁寧に形を整える。隙間ができないよう葉をさらに差し込みながら、外側の葉を刈ってきれいな球状に仕上げる。
 杉玉作りの中心メンバーとなっている、同社取締役の林業、大江英樹さん(41)=龍神村小又川=によると、杉玉は主に造り酒屋などの軒先につるす造形物で、葉の色の変化が、新酒の熟成の時期を知らせる目印とされている。龍神村では古くから林業が盛んだったが、これまで杉玉を作っていたという記録は見つかっておらず、新たな名産にしようと杉玉作りを計画。スギを山から切り出す際に捨てられていた葉を利用して、一から手探りで始めた。
 今春から試作を重ね、改善を繰り返しながら納得のいく杉玉を完成させた。現在は展示用の杉玉を作っており、完成品は龍神村の宿泊施設などに展示している。
 大江さんは「スギの香りは癒やしやリラックスにも効果があり、殺菌効果のある成分も含まれている。『龍神村の杉玉』として、名産の一つとしてアピールしていきたい。葉は時間とともに赤茶色に変化していくので、色の変化も楽しんでもらえたら」と話している。
 大が8万8千円、小が2万7500円。いずれも税、送料込み。注文を受けてから新鮮なスギの葉で作り、2週間程度で完成品を届ける。
 注文や問い合わせは、田辺市龍神村柳瀬の「龍神村Dragon Museum(ドラゴンミュージアム)」にある株式会社龍神村の事務所(0739・78・0072)で受け付けている。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク