全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

JR室蘭本線130周年記念号の旅 追分駅でおもてなし 「キハ40」に鉄道ファン  安平

JR室蘭本線の開通130周年を記念して24日、昭和の時代に活躍した国鉄色気動車が旭川―室蘭駅間(237キロ)を往復する長距離列車のツアーイベントが行われた。安平町の追分駅では、歴史を刻んだ列車の雄姿を見ようと、鉄道ファンらが駆け付けたほか、町職員やあびら観光協会スタッフが乗客をおもてなしした。

JR追分駅にお目見えした「赤電車」と呼ばれる懐かしの車両

 乗客約80人を乗せた往路の列車は、午前8時すぎに旭川駅を出発し、同10時30分ごろ追分駅のホームに到着。古くから鉄道ファンにおなじみの全面赤色車両の「赤電車」と、赤とベージュのツートンカラー車両の2両編成が駅のホームにお目見えすると、法被を着た町職員や観光協会スタッフ、鉄道ファンらがお出迎え。約40分間の停車を利用してお菓子やポストカード、地酒を販売するブースを構えてもてなした。

 駅に降りた乗客は、駅舎や懐かしい車両を背景に記念撮影をするなどして思い思いに楽しんでいた。小樽市の高校2年の佐々木羽琉さん(16)は「この日に合わせて旭川の親戚の家に泊まって参加した。駅での(土産品)販売や古い車両、ヘッドマークなどレアなものばかりで楽しい」と話していた。復路の列車も午後6時40分から約50分停車した。

 イベントは、1892年8月に室蘭―岩見沢間が開通したことで、空知の炭鉱地帯から室蘭港までが鉄道で結ばれ、今年130年を迎えたことを記念して企画された。鉄道ファンにかつて人気を集めた「キハ40」を使用し、旭川から岩見沢、追分などの各駅を経由して室蘭駅までの片道237キロ、往復474キロを走破した。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク