全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

広がるサウナ熱 道内に新施設 登別や札幌に 十勝が火付け役

 森のスパリゾート・北海道ホテル(帯広市、林克彦社長)が2019年に本場フィンランド式の「ロウリュ」を導入したのを皮切りに、サウナ飯やサウナドリンクの開発など十勝サウナ協議会(後藤陽介会長)らが中心となりサウナ文化をけん引してきた十勝。ここ2年で十勝以外のエリアでもサウナ施設やイベントが次々と増え、9月に入りさらに新施設がオープン。サウナブームが拡大している。

登別のシンボル「鬼」をテーマにした、登別グランドホテルの「鬼サウナ」

 登別グランドホテル(登別市登別温泉町)は10日、登別のシンボルである「鬼」をテーマにした「鬼サウナ」を大浴場内に開設した。

 新型コロナウイルスの影響で観光業が苦戦する中、近年注目されているサウナツーリズムでの集客を目指しにぎわいを取り戻そうと企画。サウナー専門ブランドなどを手掛ける「ととのえ親方」こと松尾大さん(札幌)が監修した。

 登別の観光名所「地獄谷」をイメージし、外観に崖のような岩肌を配置。1時間に1回蒸気を発生させるオートロウリュ式で、サウナストーブは鬼のこん棒を模した金色のフレームを採用、温度は110度の高温に設定している。

 サウナ室の外には青鬼・赤鬼をイメージした2色の釜風呂を配置。同ホテルでは「国内の旅行客が登別・当ホテルへと足を運んでいただくきっかけとなれば」としている。日帰り入浴の料金は、大人1人2000円。

 20年に営業を終了した銭湯「富美(ふみ)の湯」(札幌市白石区)は23日、個室サウナ施設「フミノサウナ」としてリニューアルオープンした。

 同銭湯は約60年前に創業。設備の老朽化やコロナ禍での客数減少などを理由に20年12月末、営業を終了した。その後、近年のサウナ市場拡大、市民の3密回避意識の定着などを受け、民宿・無人ホテルの企画・運営などを手掛ける「マッシブサッポロ」(札幌市)が新業態の施設をプロデュースした。

 新施設は、1~3人用4室、1~4人用1室、1~7人用1室の全6室の個室サウナを備え、うち2室に水風呂を設置。料金は1室120分貸し切りで1人2600円から。飲食店も併設し、串焼きやホルモン焼き、サウナー向けのドリンクなどを提供する。

 同施設では「銭湯時代に担ってきた、地域住民の憩いの場としての役割を今後も継承したい。地域コミュニティーに貢献できる施設を目指す」と話している。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク