全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部の名産「万倉なす」生産者招き授業

万倉なすを手にして「大きいね」などと話す3年生(常盤小で)

 山口県宇部市の常盤小(藤永靖彦校長)で6日、宇部市のブランドナス「万倉なす」の生産者を招いて、交流会が開かれた。3年生75人が参加。土づくりから出荷まで、一連の過程を学び、地元農産物への愛着を深めた。

 万倉なすは、大成(たいせい)という品種で、皮が薄く肉厚で軟らかいのが特徴。講師を務めた共同出荷組合の三藤真人組合長(75)は「畑づくりからスタートし、収穫期は6~10月と長い」と話した。また▽葉が揺れて実が傷つかないよう、防風の措置を取る▽実が付き始めたら、毎日葉や枝を整える作業に追われる▽黒くて光沢のあるのが立派▽長さ、太さによって階級分けする-などと説明した。

 市農林振興課の上野直美主任は、偶然に竹筒の中で実が大きくなり、タケを打ち破って成長した「ド根性ナス」を物語仕立てで紹介。キャベツ、ミカン、はなっこりーなど、市内の他の農作物も紹介した。この日は、万倉なすを使った野菜の煮込み料理ラタトゥイユが給食に出され、子どもたちは三藤さんらと共に、ふるさと自慢の味を堪能した。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク