全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

マツタケ続々入荷 長野県伊那市の産直市場グリーンファーム

たくさんのマツタケが並ぶ店内=伊那市の産直市場グリーンファーム

 長野県伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームで、マツタケが入荷している。今の時期のマツタケは9月下旬以降に収穫されるものより香りは少なめだが、1キロあたりの価格は安くなるという。店内の平台には大小のサイズがずらりと並び、訪れた人たちが熱心に吟味していた。

 今季の入荷は8月後半から始まった。担当者によると、時期は年々早まっている印象だという。産地は主に辰野町や木曽地域。今のところ平均サイズは10センチほどで、一日あたり2~3キロが入ってくる。

 14日は平日だったが店内は買い物客でにぎわい、マツタケコーナーも大勢の関心を集めていた。埼玉県から夫と娘と買い求めに訪れた70代女性は「季節の食材として毎年1回は食べたいと思っている。マツタケご飯やすき焼きにしたい」と話していた。

 出荷元からは山の水分が足りていない情報もあり、今後の入荷状況に懸念も残るという。収量が増えるためには気温の低下や適度な雨が必要とされ、担当者は「秋の収穫に期待したい」とした。

 営業時間は午前8時~午後7時。問い合わせは同店(電話0265・74・5351)へ。

関連記事

北羽新報社

白神ねぎ、豚なんこつカレーに 「天空の能代まんぷく給食」好評

 能代市内の小中学校で22日、「天空の能代まんぷく給食」が提供された。児童生徒たちは、地元特産の白神ねぎやB級グルメで知られる豚なんこつを使ったカレーに舌鼓を打ち、ふるさとの食材などに理解を深めた。...

長野日報社

伝統野菜の上野大根使用「おしなそば」完成 長野県諏訪地方の9店舗で提供へ

 諏訪商工会議所の資源開発部会(代田あゆみ部会長)は30日から、開発を続けてきたそば「おしなそば」の提供を長野県諏訪地方の9店舗で開始する。信州の伝統野菜で諏訪市の上野地区で栽培される「上野大根...

北羽新報社

学校農園のサツマイモふんだん 三種町浜口小のパン、マフィン好評

 三種町浜口小(大山正道校長)の児童が16日、地元のパン・菓子製造販売業者の協力を得て開発したパンとマフィンを同町浜田の八竜ショッピングセンター・ポポロで販売した。学校農園で栽培したサツマイモをふ...

長野日報社

日本酒と料理の相性楽しむ事例集制作 長野県諏訪地方の酒蔵9蔵

 県酒造組合諏訪支部(林新一郎支部長)は、長野県諏訪地方の酒蔵全9社の酒と、それぞれに合う料理を写真と文で紹介する味わい事例集「諏訪の酒と、」を制作し、配布を始めた。「9蔵が心を一つにして実現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク