全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

夢のチーズ工房 自作 DIY動画見て2年がかり 中札内

 帯広市在住の佐々木擁(まなぶ)さん(51)が、未経験だったDIYで実家の物置小屋を改築し「天の川チーズ工房」(中札内村元札内西1線)を開設した。約15年間学んだチーズ作りで起業を決意し、経営に関する知識や資金もほぼゼロからスタート。今年、チーズ販売の夢をかなえた佐々木さんは「お金がなくても、チーズ工房は建てられる」と力を込める。

築50年以上の物置小屋を改築した「天の川チーズ工房」と佐々木さん

 佐々木さんは帯広市出身。両親の転勤で道内各地に移り住み、音更高校から稚内北星学園短期大学へ。卒業後は資格を取って歯科技工士として働いたが、長く続かず転職。一般企業に約8年勤めた後、アメリカやカナダに短期滞在した。

 チーズ作りを始めたのは十勝に戻った約15年前、テレビ番組で知ったチーズ作りの教室に足を運んだことがきっかけ。趣味から始まり、管内のチーズ工房に勤めるなど技術を磨くうちに「日本ではまだ知られていないさまざまな種類のチーズを作り、販売したい」と考えるようになった。

 ただ、工房建設を業者に依頼すれば1億円以上の初期投資が必要だった。「あまりの高額さに青ざめたが、諦められなかった」と佐々木さん。実家にあった築50年以上の物置小屋を活用し、DIYで建てることを思いついたという。

 アルバイトや融資などで資金を調達し、2019年冬に改築作業を開始。帯広市内のアパートから倉庫に通い、ユーチューブでDIY関連の動画を探しては見よう見まねで作業した。

 資材はホームセンターで集め、チーズ製造に関わる機械は仲介業者を通さず安価で仕入れることで、費用を大幅に抑えた。知人らの協力もあり、21年7月、2年弱かけて工房が完成。木造2階建て、延べ面積103.5平方メートルで、名前は中札内村の夜空を流れる美しい天の川が由来。

 村内の元札内農場の生乳を使用。昔ながらの製法で、風味が落ちないようにミルクローリーは使わず専用のバケツに入れて手作業で工房に運ぶ。友人にベジタリアンが多く、日本で食べる物に困っている姿を見て、生乳を固めるのに必要な「レンネット」は植物由来の物を使用するなど素材にもこだわった。

 現在販売しているのは「シェダルゴーダチーズ」(73グラム632円、150グラム1100円)、熟成期間を短くした「アルドラゴーダチーズ」(73グラム654円、150グラム1248円)、都内の飲食店「中一素食店 健福」とコラボした担々麺味の「坦々チーズ」(73グラム632円)の3種類。道の駅なかさつない、道の駅おとふけ、村内の「LE BLEU」(元大正基線190)、帯広市内の熊田商店(東9南14)で購入できる。

工房内でチーズを手にする佐々木さん

 佐々木さんは「今はいろいろなチーズを試作中。たくさんの種類を売り出したい」と商品開発に励んでいる。

 問い合わせは同工房のホームページか、Eメール(cheese.kiroto24@gmail.com)へ。

関連記事

北羽新報社

白神ねぎ、豚なんこつカレーに 「天空の能代まんぷく給食」好評

 能代市内の小中学校で22日、「天空の能代まんぷく給食」が提供された。児童生徒たちは、地元特産の白神ねぎやB級グルメで知られる豚なんこつを使ったカレーに舌鼓を打ち、ふるさとの食材などに理解を深めた。...

長野日報社

伝統野菜の上野大根使用「おしなそば」完成 長野県諏訪地方の9店舗で提供へ

 諏訪商工会議所の資源開発部会(代田あゆみ部会長)は30日から、開発を続けてきたそば「おしなそば」の提供を長野県諏訪地方の9店舗で開始する。信州の伝統野菜で諏訪市の上野地区で栽培される「上野大根...

北羽新報社

学校農園のサツマイモふんだん 三種町浜口小のパン、マフィン好評

 三種町浜口小(大山正道校長)の児童が16日、地元のパン・菓子製造販売業者の協力を得て開発したパンとマフィンを同町浜田の八竜ショッピングセンター・ポポロで販売した。学校農園で栽培したサツマイモをふ...

長野日報社

日本酒と料理の相性楽しむ事例集制作 長野県諏訪地方の酒蔵9蔵

 県酒造組合諏訪支部(林新一郎支部長)は、長野県諏訪地方の酒蔵全9社の酒と、それぞれに合う料理を写真と文で紹介する味わい事例集「諏訪の酒と、」を制作し、配布を始めた。「9蔵が心を一つにして実現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク