全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

児童の登校「堅守」 帯広大谷高野球部

交通安全の旗を持ち、児童の登校を見守る野球部員

 帯広大谷高校野球部(糸瀬晴輝主将、部員32人)が毎朝、近隣の明和小学校の児童の登校を見守っている。昨年から本格的に始め、合わせてごみ拾いも行う。旗を持って交差点に立ち、同じく見守り活動に携わる地域住民と共に子どもたちの安全を守っている。

 多くの児童が登校する午前8時ごろ、自主練習を終えた野球部員たちが、校舎北側の通学路に立ち始める。交通安全の黄色い旗を持ち、登校の児童と「おはようございます」とあいさつを交わし合う。

 活動は昨年本格的に始まった。同校教諭の佐藤真司部長が1人で始めた活動を、見ていた部員たちが賛同して加わる形に。現在は学校がある日は毎日通学路に立ち、部員2人が旗を持って交差点に立つ。その他の部員はごみ袋を手に周辺のごみ拾いに汗を流す。

 1日は久保廉也さん(2年)、佐々木皓一郎さん(1年)が旗持ちを担当。車が来ていないか確認し、交差点を横断する児童を見守った。「あいさつを笑顔で返してくれるとうれしい」と久保さん。毎日続けることで子どもたちとも顔見知りになり、佐々木さんは「これからも大きな声であいさつを続けていきたい」と笑顔を見せた。

 同校北側は児童約130人の通学路で、車通りも多い場所。重大事故にはならなかったものの、過去に車との接触事故もあったという。毎朝一緒に見守りを続ける地域住民による「明和にこにこパトロール」の山田栄一さん(80)は「野球部は礼儀正しく、あいさつもしっかりしている。心強い」と信頼を置く。

 大谷高と明和小は近年、授業見学や大谷高吹奏楽部の訪問コンサートなど相互交流を積極的に行っている。明和小の岸梅哲郎校長は「野球部の見守りは本当にありがたい。高校生の姿を見て児童も刺激を受ける、今後もさまざまな交流を続けていきたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

紀伊民報社

構内で時間旅行 かつての駅ジオラマ展示

 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時...

「ボンバー」が熱血指導 元日本代表 中澤さんサッカー教室 士幌

 士幌町開町100周年を記念し、サッカー元日本代表中澤佑二さんを招いた「サッカー教室」が25日、町総合研修センター・アリーナで開かれた。  町内の小・中学生47人が参加。ボールを使ったドリブル...

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク